【スターダム 】岩谷麻優VS彩羽匠を終わらせなかった大江戸隊の仕事ぶりと岩谷のモテっぷり(#STARDOM)

スターダム2・8後楽園ホール大会(#STARDOM)で、急遽組まれた岩谷麻優VS彩羽匠のスペシャルシングルマッチ 。

 

Sareee戦のショックを感じさせなかった岩谷麻優VS彩羽匠をさらに良いものに引き立てた大江戸隊の乱入にヒールとしてのプロの仕事に感心した。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




Sareee戦消滅から岩谷麻優VS彩羽匠のベストバウト誕生

スターダム2・8後楽園ホール大会で実現予定だった、現時点での女子プロレス界最高クラスのドリームマッチ、岩谷麻優VS Sareee。

 

前日に急遽発表となったSareeeの体調不良による欠場。

 

 

チケットの売れ行きが凄まじかったスターダム公式からはチケット払い戻しの案内も出た。

この対応からは、多くのファンがこの一戦を楽しみにしていたことと、Sareee欠場の衝撃は計り知れないものになるのだろうと感じていたが、蓋を開けてみれば代打出場となった彩羽匠がとんだベストバウトを生み出してくれた。

 

会場に足を運んだと思われるファンからは満足の声が多く聞かれた。

 

岩谷麻優にとってははいろいろな意味でダメージが大きかったことだろう。

 

スペシャルシングルマッチを終わらせなかった大江戸隊のプロの仕事

 

岩谷と彩羽の試合を語る上で、何の運命か岩谷は彩羽が所属するマーベラスプロレスのボス・長与千種から伝家の宝刀・ランニングスリーを直々に指導受けていた。

 

 

もちろんSareee戦用に準備していた奥の手だったが、まさか彩羽相手に試すことになるとは夢にも思っていなかったことだろう。

 

岩谷は敗戦後のマイクで「重かった」と言っているが、長与直伝のランニングスリーを爆発させることはできなかった。

公式情報ではSareeeは60kg、彩羽は65kg、岩谷は筋力アップが必要かもしれないwww

 

激闘の試合後のリングを包み込んだファンからの声援をかき消したのは大江戸隊の乱入そして鹿島のマイクアピールだった。

 

 

 

乱入の一部始終↓

 

大江戸隊がボコボコに岩谷を襲撃し騒然とする会場を救ったのは岩谷の元後輩でもある彩羽だった。

 

大江戸隊の前に立ちはだかり、岩谷を守る姿と大江戸隊を帰らせたあの姿に、感動すら感じてしまった。

 

最近は新日本プロレスでもKENTAの行動に賛否両論あるが、自分がビジネス的に見てしまったせいか、ヒールという仕事の役割と、その役割を果たしているかに目がいってしまう。

 

この日の大江戸隊はTCSを下し、次期アーティストへの挑戦権を獲得したが、アーティストのタイトルマッチ後にジュリアが大江戸隊をリング上に誘っているような煽っているようなワンシーンがあった。

 

しかしこの場面では特に行動を起こさず、ジュリアも肩透かしをくらったようだった。

 

 

しかし、メイン後の乱入はプロの仕事だったと思う。

本来なら、タイトルマッチでもなく遺恨試合でもなく、突如組まれたシングルマッチ。

ただの消化試合になったとしてもおかしくない、この試合を今後どうつなげていくか、岩谷にも彩羽にも難しいフィナーレのリングだったはずだ。

 

しかし、大江戸隊の乱入によって彩羽の岩谷救出劇が生まれ、岩谷にとっては試合に負けた借りと乱闘から救ってくれた借りもできてしまった。

これで、この点で終わらせるわけにはいかないだろう。

 

大江戸隊グッジョブ!

だが、やっぱりヒール鹿島はムカつくww

 

彩羽匠のエースのオーラを感じた瞬間

岩谷を守った彩羽がスターダムの締めを任された。

元スターダムといっても、今は他団体所属(外敵という表現は違うか)。

 

先輩の岩谷に締めを任された、彩羽はマーベラスプロレスのアピールや自身の強さをアピールすることなく共に「We are STARDOM!」でSTARSメンバーと大会を締めくくった。

 

実力を誇示することなくスターダムに敬意を払ったその姿に女子プロレス界の新たなエースのオーラを感じた。

 

Sareeeには申し訳ないが、雨降って地固まるとはまさにこのことだろう。

 

 

岩谷麻優のモテっぷりがすごい

試合後のバックステージにはジャングル叫女が次期挑戦表明に現れている。

 

王者は常に追われる立場ではあるが、次々と現れる相手に岩谷のモテっぷりが改めてすごい。

順当に行けば、次期はジャングル叫女、ビッグマッチで彩羽匠の挑戦も濃厚になるだろう。

 

また、WWE行きが濃厚と見られるSareeとの対戦も許される時間が短くなってきているが、日本にいる間に実現の運びとなることをファンとしては願いたい。

大江戸隊・鹿島には興味がないそうだw

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

フォローして更新情報をいち早く受け取ろう