新日本プロレス

【新日本】4・2 Lion’s Break Project 3 参加選手 ロスインゴは鷹木のみ NEVER無差別級防衛は?(#njbreak)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスがフロリダ州タンパで開催する『Lion’s Break Project 3(#njbreak)』の参加選手が発表された。

 

気になるロスインゴからは鷹木信悟だった1人の参戦となっている理由について迫ってみる。

 

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




4・2フロリダ州タンパ『Lion’s Break Project 3(#njbreak)』 参加選手発表

 

新日本プロレスが4月2日にフロリダ州タンパで開催する『Lion’s Break Project 3(#njbreak)』の参加選手が発表された。

 

Lion’s Break Project といえば、日本で開催されるLion’s Gateの海外版といった大会で、若手選手中心のマッチメイクが特徴だ。

 

前回は2019年12月に開催しており、LA道場の選手と新日本プロレス所属のレスラーによる大会を成功させている。

 

未来のスターの原石が発見できる大会でもあり、選手としてもファンとしても新鮮な目で楽しむことができる。

 

ロスインゴからは鷹木信悟のみの理由は

 

今回発表された参加選手は以下の通りだ。

 

【本隊・CHAOS】
・棚橋弘至
・ジュース・ロビンソン
・デビッド・フィンレー
・ロッキー・ロメロ
・成田蓮
・カール・フレドリックス
・クラーク・コナーズ
・アレックス・コグリン
【L・I・J】
・鷹木信悟
【BULLET CLUB】
・タマ・トンガ
・タンガ・ロア
・KENTA
・バッドラック・ファレ
・エル・ファンタズモ
・石森太二
・邪道
・外道
【鈴木軍】
・ザック・セイバーJr.
・エル・デスペラード
【フリー】
・アメージング・レッド
・TJP
・ミステリオッソ
・ローガン・リーガル
・スターリング・リーガル

<引用元:新日本プロレス>

 

THE NEW BEGINNING USA2020でも参戦した選手らの他にローガン・リーガルやスターリング・リーガルといった新日本プロレスに馴染みのない選手もおり、その試合展開も楽しみだが、最も私が気になったのは、ロスインゴからは内藤哲也やSANADAらは参戦せず鷹木信悟のみの参加となっている。

 

内藤哲也や高橋ヒロムらが参戦しない理由ははっきりしないが、単純なスケジュールの問題の可能性もある。

 

日程的には、ニュージャパンカップを終え両国国技館のSAKURA GENESISを終えた直後だ。

 

2・9大阪で仮に内藤哲也がKENTAから防衛したとすると、ニュージャパンカップ覇者との2冠戦を行う可能性が高い。

 

その後、レスリングどんたくへと今後の新日本プロレスの流れがあるだけに、そこに関連して参戦させないのだろうか。

 

2・9のKENTA戦以降の新日本の動向次第で鷹木のみ参加の理由が徐々にわかってくるかもしれない。

 

鷹木信悟はシングルマッチ中心?

↓↓もっと面白いブログが読める!プロレスブログランキングはこちら↓↓ᕦ(ò_óˇ)ᕤ  

プロレスランキング

 

現時点ではロスインゴは新日本本体とCHAOSのように共闘関係にあるユニットが無い。

 

ワンマッチ興行だけに、鷹木信悟はNEVER無差別級選手権を含めたシングルマッチを組まれる可能性が高いだろう。

 

鷹木信悟にとってもNEVERの防衛戦はどこでもいいと言っており、無差別級というヘビー・ジュニアヘビーを問わない戦いであること、オンリーワンのベルトにしていくためには、アメリカでの若手選手相手の防衛戦も大変魅力的だ。

 

IWGPでは出来ないマッチメイクに期待しよう。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください