新日本プロレス

【新日本】KENTAツイッターに故・三沢光晴さんを語るファン現れる 三沢は今のKENTAをどう見るか(#njnbg)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレス「 THE NEW BEGINNING 2020(#njnbg)」2・9大阪で内藤哲也との二冠戦を控えますます抗争が激しくなっているKENTAだが、ツイッターには師匠の故・三沢光晴さんの名前を出して絡んでくるユーザーが現れた。

 

改めてヒール・KENTAは誹謗を受けないといけないのか、三沢光晴さんは今のKENTAをどう思っているのか考えてみる。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




KENTAのツイッターに故・三沢光晴さんを名前を出して誹謗するファン現れる

 

新日本プロレス最大のバッドエンドから1ヶ月経過し、いよいよ「 THE NEW BEGINNING 2020(#njnbg)」2・9大阪大会が目前となってきた。

 

ドームクラスのビッグマッチが多数組まれているが、なんと言っても内藤哲也との二冠戦を控えたKENTAの動向やコメントから目が離せない。

 

連日内藤との舌戦が報じられ、アンチKENTAのプロレスファンとのツイッターでの攻防も終わりが見えない。

 

そんな中、KENTAの師匠でノアの総帥である、故・三沢光晴さんの名前を持ち出して絡んでくるプロレスファンも現れた。

 

故人の名前を上げてまで、一選手の行動やスタイルに文句を言うのはいかがなものだろうか。、

 

 

KENTAは叩かれないといけないのか改めて考える

 

KENTAのツイッターが話題になり出したのは2019年末の後藤洋央紀とのあたりからだった。

 

KENTAの試合内容や、各選手に対する語り口が気に入らないアンチファンが徐々にツイッターを通じて直接文句や誹謗中傷を送るようになった。

 

KENTAはそのようなツイッターユーザーに対して

 

 

と、注意をしている。ツイッターの世界でもブーイングを受け入れる覚悟だと言うのだから凄いプロ根性だ。

 

かつての悪役はリング上では悪ぶっても、リングを離れれば常識人という逸話はよく聞かれた。

 

KENTAはSNS全盛の時代に合わせたヒールを模索しているように見える。

 

ただ、これを一般人や芸能人に置き換えてみると、これだけのブーイングやリプライが一気に届けば、どんな強者もメンタルが病んでしまうか、ツイッターをやめてしまうだろう。

 

下手すれば損害賠償請求も発生するかもしれない。

 

KENTAはそのタフさから、受け入れる覚悟のようだが、ヒールはあくまでも仕事のスタイルであり、KENTAにも妻や子供がいる。

 

度を越した誹謗中傷をされるほどの犯罪を犯したわけではない。

 

煽っているKENTAの原因もあるが、行きすぎたファンのツイートはやはり見ていて胸が苦しい。

 

故・三沢光晴さんは今のKENTAをどう見ているか

 

KENTAはハッシュタグで三沢光晴さんの名前を出してきたユーザーに対して、

 

おいお前。好きなこと言ってもらって構わんけど、気安く三沢さんの名前出すな。それだけだ。

<引用元:ツイッター>

 

と、ピシャリと注意している。

 

これに対してこのユーザーは自身の考え(自論)を展開しているが、三沢さんの名前を出してKENTAに絡んだことに対して複数のプロレスファンから、KENTAに同意する意見が出ている。

 

亡くなってしまった三沢光晴さんが生きていたら今のKENTAをどう見ていたのか、それは誰にもわからないし、想像の域でしかない。

 

そしてそれをより正確に想像できるのは、三沢光晴と長い時間を過ごした家族や同じ団体で汗を流して試合以外の三沢光晴さんを知っているレスラーや関係者だろう。

 

我々ファンはテレビや会場で見た三沢光晴さんに夢を抱いたのは事実だが、三沢光晴とKENTAは違う。もちろん、小橋も丸藤もみんな違う。離脱した大森や、総合へ行った高山善廣でさえも信念があるならと、止めなかった三沢光晴さんならきっと今のKENTAに肩を落としてはいないだろう。

 

そして我々ファンは、三沢光晴が急逝し、小橋建太が引退し、秋山準が離れていったノアのファンの希望を背負い続けた丸藤正道とKENTAを知っている。

 

KENTAのしたいようにさせてはどうだろうかと思う。

 

ブーイングは思い切りしてもいいが、度を越した誹謗中傷はファンならするべきではないと思う。

 

ファンの反応「KENTAの言う通り」

 

 

 

 

 

 

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログが上位席巻しているブログ村はこちらです。を一位に押し上げてください!ワンぽちお願いします

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください