スターダム

【スターダム】岩谷麻優とSareeeの勝敗の先のWWEからの挑戦状という見方(#STARDOM)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スターダムの2・8後楽園ホール大会が迫っている。

 

岩谷麻優とSareeeのドリームマッチが控えているが、この試合の意味をWWEからの挑戦状という見方をしてみた事を綴ってみる。

 

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




岩谷麻優とSareeeのドリームマッチ

 

スターダム2・8後楽園ホール大会が迫るにつれ、ファンは楽しみにしている事だと思う。

 

ついに岩谷麻優とSareeeのシングルマッチが実現する。

 

しかもワールドオブスターダムの赤いベルトを掛けてのタイトルマッチだ。

 

ロッシーさんも言っている通り、同じ時代に共に戦い頂点に立った2人だけに、女子プロレス界でこれほど続々する試合はいつ以来だろうか。

 

スターダムを見始めて1年に満たないファンの感じた事だとフィルターをかけて読んでいただきたい。

 

 

 

 

似た2人だからこその期待感


 

岩谷とSareeeは共に同日、上記のように試合に向けた心境をツイートしている。

 

違いを認め合ったもの同士だから頃、そして共に正統派レスラーだからこその、素直な気持ちと、清々しさわ感じた。

 

プロレスにスポーツマンシップを求めていいのかどうかはさておき、互いに悔いなく戦おうという姿勢が見えてくる。

 

ファイトスタイルは多くのファンが言うように、攻めのSareeeと受けの岩谷麻優という表現がぴったりかもしれない。

 

ファイトスタイルが似ていると選手同時も意識し合うのだろうし、ファンも重ね合わせて比較してみるようになる。

 

かつて、闘魂三銃士と全日四天王時代にファンの誰もが想像の世界で作り上げたオールスター戦。

 

共に天才と言われた、武藤VS三沢やキックを得意としていた橋本VS川田、パワーファイトを得意とした健介VS小橋など、似たファイトスタイルは良く比較される。

 

岩谷麻優の魅力の1つに受けて受けて、ボロボロになってからの逆転の攻めを上げる人はいないだろうか。(私はそのタイプ)

 

岩谷のレスラー人生を見ても、仲間に裏切られたり、同僚や先輩が海外へ旅立っていく事で、スターダムのトップへの階段を1つずつ上がってきたと思う。

 

試合展開が、互いのレスラー人生の写し鏡になるのではないかと思う。

 

 

勝敗の先にはWWE


 

Sareeeといえば所属団体ディアナを退団することが決まっており、紙面でも報じられた通り、WWEへ行くことが濃厚と見られている。

 

水面下でWWE入団が内定しているのであれば、このタイトルマッチは、ある意味勝てない?試合という見方をするファンもいるかもしれない。(勝つと防衛戦が出来ないから)

 

先日の岩谷と渡辺桃の試合後の挑戦表明のVTRももしも岩谷が負けるようなことが有れば岩谷の言う通り「お蔵入り」していた可能性がある。

 

だが、ファンならわかると思うが、もちろんSareeeとしては岩谷が必ず試合に勝つという確信があったからこその挑戦表明のだったはずだ(渡辺桃には申し訳ないが)。

 

 

仮にSareeeが勝利すれば、王座返上をしてWWEへ行くことになる可能性が高い。

 

そうなれば、岩谷麻優ほどのスター性エース性を持った次の刺客がいないスターダムはSareeeの勝ち逃げを許してしまうことになる。(仮に挑戦表明する選手がいてもリマッチする時間がないだろう)

 

SareeeとバックのWWEのHHHの『さあ、スターダムは世界に羽ばたくレスラーを相手に防衛できるのか?」とニヤケ顔が透けて見えてきそうだが、岩谷麻優、そしてスターダムへの大きな挑戦状だ。

 

世界から注目されているSareeeを相手にスターダムと岩谷麻優の真価が問われるという、ドリームマッチという言葉だけでは片付けられない重要な一戦だ。

 

 

ファンの反応


 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログが上位席巻しているブログ村はこちらです。を一位に押し上げてください!ワンぽちお願いします

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください