新日本プロレス

【訃報】ケンドー・ナガサキこと桜田一男さん死去の死因と最近の画像 心臓ペースメーカー故障の情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ケンドー・ナガサキ、ランボーサクラダなど複数のリングネームで日本のプロレス界をヒールとして暴れ回った桜田一男さんが死亡したとの訃報が飛び込んできた。

 

ケンドー・ナガサキさんのこれまでの経歴や、死因や最近の元気そうな画像を確認してみよう。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




ケンドー・ナガサキこと桜田一男さん死去


日本のプロレス界で喧嘩最強の男と呼ばれたヒール(悪役)レスラー、ケンドー・ナガサキこと桜田一男さんが死去していたことが明らかになった。

 

ケンドー・ナガサキさんといえば、日本プロレスでデビューし、新日本・全日本などメジャー団体以外にもSWS、NOW、大日本などにあがりイス攻撃などラフ殺法で悪役レスラーとして活躍した。

 

大日本プロレスなどのインディーマットにも上がったが最近はその姿がファンの前に出る機会は少なくなっていた。

 

リングネーム ケンドー・ナガサキ
ミスター・サクラダ
ドリーム・マシーン
ドラゴン・マスター
ランボー・サクラダ
チャン・チュン
桜田 一男 ※初代ケンドー・ナガサキ(ピーター・ソーン・リー)とは無関係。
本名 櫻田 一男
ニックネーム 剣道鬼
消火鬼
身長 188cm
体重 120kg
誕生日 1948年9月26日(71歳)
出身地 北海道網走市
所属 フリー
スポーツ歴 大相撲
デビュー 1971年6月27日

<引用元:ウィキペディア>

 

もともと大相撲出身で先輩力士とのトラブルで日本プロレスに移籍。

日本プロレスの崩壊時には、新日本プロレスへ移籍する選手との抗争を繰り広げるがこの時のセメントマッチが、喧嘩最強と言われるルーツとなったようだ。

 

全日本移籍後はコーチ役にも抜擢されるが、天龍源一郎の海外武者修行と同時に、桜田一男さんも海外へ渡り、ミスターサクラダとしてヒールになったと言われている。

 

1995年に大日本プロレスに主戦場を移すと、バーリ・トゥードへ出場し辛勝するも、次のジーン・フレジャー戦で相手のことを調べもせずに試合に臨み、36秒で湿疹KOするという失態を見せ、これがMMA最後の試合となる。

 

2000年代は飲食店経営を中心に生計を立てていたようだが、2009年に体調不良を理由に全て廃業していたと言われている。

 

 

「ケンドー・ナガサキ」のリングネームで知られるプロレスラーの桜田一男氏が死去したことが13日未明分かった。米国のプロレスラー親睦団体「カリフラワー・アレイ・クラブ」が公表した。享年71。死因は不明だが、心臓のペースメーカーの故障によるという情報がある。

1948年、北海道網走市出身の桜田氏は64年に大相撲の立浪部屋から初土俵。71年に日本プロレスに入門し、プロレスに転身した。日本プロレス崩壊後には全日本に移籍し、米国に進出して日本人ヒールレスラーとして存在感を発揮。新日本プロレスにも参戦し、その後は大日本などインディー団体などでも活動した。またプロレス界ではけんか最強との呼び声もあり、総合格闘技に参戦した経験もある。

16年には心臓の手術を受けていた。今月11日には千葉県船橋市で開催されたパーティーに出席していたとの情報もある。

<引用元:デイリー>

カリフラワー・アレイ・クラブ

 

ケンドー・ナガサキさんの訃報を伝えたカリフラワー・アレイ・クラブとは、プロレスOB会組織のようなもので、殿堂入りなどを発表することで知られている。

 

殿堂入りといえばWWEが有名だが、カリフラワー・アレイ・クラブではこれまで

 

  • アントニオ猪木(ルー・テーズ賞=2004、レスリングオナー=1996)
  • 高田 延彦(特別賞=1992)
  • 吉田万里子(フューチャーレジェンド賞=2006)
  • 坂口 征二(レスリングオナー=1996)
  • 吉田 雅美(デビル雅美、レスリングオナー=1996)
  • 長与 千種(レスリングオナー=1996)
  • ジャイアント馬場(1991年までに表彰)

 

このような日本人選手を表彰してきたと言われている(少し情報は古いが)。

 

毎年総会を開催し、懐かしいプロレス界のOBらが顔を合わせているようだ。

 

ケンドー・ナガサキさんの死因と心臓ペースメーカー

 

訃報を報じたデイリーでは、ケンドーナガサキさんの死因として、心臓ペースメーカーの故障という情報が出ている。

 

NOWが崩壊した際のインタビュー記事では、不整脈の治療のためにペースメーカー手術をしたためカムバックはないと答えていたようだ。

 

年金生活をしていたようで、プロレスラーケンドー・ナガサキの晩年は、全盛期を知るファンにとってみれば寂しいものだったようにも感じる。

 

最近の画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . 桜田さん… . . . #宮本和志 #和志組 #闘真 #プロレス #プロレスラー #ケンドーナガサキ #桜田一男 #レジェンド

Kazushi Miyamoto(@kazushimiyamoto)がシェアした投稿 –

 

ファンの反応

↓↓もっと面白いブログが読める!プロレスブログランキングはこちら↓↓ᕦ(ò_óˇ)ᕤ  

プロレスランキング

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください