【ファンタスティカマニア2020】1・16後楽園ホール試合結果 ファミリータッグ1回戦にネグロ・カサス(#njcmll)

2020年1月17日新日本プロレスnjcmll, njpw, ファミリータッグトーナメント, ファンタスティカマニア2020, 新日本プロレス

新日本プロレス「ファンタスティカマニア2020」1・16東京・後楽園ホール大会の対戦カードと試合結果をお伝えする。

 

この日から後楽園ホール4連戦で、ファミリータッグトーナメント1回戦が開催される。また、ロスインゴのEVIL・鷹木もこの日から登場する。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




目次

新日本プロレス「ファンタスティカマニア2020(#njcmll)」後楽園ホール大会開催と注目ポイント

新日本プロレス「ファンタスティカマニア2020」東京・後楽園ホール大会がこの日より4連戦となる。

 

聖地・後楽園ホール大会では、この日からL.I.Jの鷹木信悟とEVILが登場し、内藤哲也は試合が組まれていない。

これまでの地方大会同様、やはり、ガルデニアとEVILや鷹木といった異色の対戦に関心は高い。

 

初代ミスティコこと、カリスティコも後楽園に降臨。

小島聡とのタッグで、ウルティモ・ゲレーロ組と対戦する。その神の技に酔いしれたい。

 

そして、CMLL選手らによるファミリータッグトーナメントが開催される。

家族・親族が多いルチャ家系ならではのタッグトーナメントだが、いつか日本人選手でもこのようなタッグトーナメントが出来たら面白そうだ。

 

2019年はミスティコ&ドラゴン・リーが優勝しており、いつかこのタッグも新日本プロレスで復活を遂げて欲しい。

日本で60歳の誕生日を迎えたネグロ・カサス組に個人的には頑張って欲しいが、ゲスト解説にきっと座るであろうライガーの解説も楽しみだ。

 

NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2020

日時
2020年1月16日(木) 17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽1-3-61
電話:03-5800-9999
アクセス:JR総武線・都営地下鉄三田線「水道橋駅」、地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩4分

<引用元:新日本プロレス>

 

「ファンタスティカマニア2020」1・16東京後楽園ホール大会の対戦カードと試合結果

 

試合終了後に更新します。

第1試合 ○フエゴ&田口隆祐 VS ナマハゲ&×DOUKI 7分22秒  飛びつき回転エビ固め

第2試合 ゲレーロ・マヤ・ジュニア&○アウダス VS ×ルシフェルノ&金丸義信 10分18秒  ムーンサルトプレス→片エビ固め

 

第3試合 フライヤー&×ドゥルセ・ガルデニア&棚橋弘至 VS EVIL&○鷹木信悟&BUSHI 11分01秒  パンピングボンバー→体固め

 

第4試合 ×ティタン&ストゥーカJr. VS ○フォラステロ&OKUMURA 9分06秒  三角締め

 

 

第5試合 小島聡&×カリスティコ VS ウルティモ・ゲレーロ&○バルバロ・カベルナリオ 13分03秒  カベルナリア

第6試合 ファミリータッグトーナメント2020 1回戦 エウフォリア&×ソベラーノJr. VS サンソン&○クアトレロ 9分30秒  アブラソ・オッソ・インベルティーダ

第7試合 ファミリータッグトーナメント2020 1回戦 アンヘル・デ・オロ&○ニエブラ・ロハ VS ネグロ・カサス&×タイガー 12分55秒  ラ・カンパーナ

 

選手の動向やコメント"田口がナマハゲに鉄パイプ”

後楽園ホールで行われたファミリータッグトーナメントは熱戦の末、上記の通りの結果となった。

 

結果もさることながら、会場の熱気が凄まじく、これほどプロレスは楽しいものなのかと感じる大会だった。

重鎮ネグロ・カサスがお尻を出すお茶目なシーンもあり、ルチャ・リブレの楽しさを実感できた試合ばかりだった。

 

 

ドゥルセ・ガルデニアと初対決となった、鷹木信悟・EVILだったが、やはりガルデニアのベソ(キス)攻撃にペースを乱された。

 

試合は鷹木がパンピングボンバーでガルデニアを仕留めたものの試合後のコメントが意外?だ。

 

「おい、ドゥルセ、BUSHIがタイプなのか、EVILがタイプなのか、オレがタイプなのかハッキリしろ。オレは八方美人は嫌いだ」

<引用元:新日本プロレス>

 

と、真っ直ぐな男はガルデニアの好みまでも一途さをもとめている。

 

この試合ではBUSHIが被爆してしまったが、ガルデニアが鷹木を選んだ場合は鷹木もその気持ちに男らしく応えるのだろう。

 

 

また、小島聡はタッグパートナーのカリスティコがギブアップしたため試合には負けたもののカリスティコや相手のゲレーロに対するリスペクトとタイトルマッチに向けて気合を入れている。

 

 

これだけのベテランになっても学ぶ姿勢を惜しげもなく見せている姿は尊敬するしプロ意識の高さと言えよう。

 

ファンの反応『情熱が止まらない』『メキシコ行きてー』

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!