新日本プロレス

【ファンタスティカマニア2020】1・12京都KBSホール大会試合結果 中西学へ小島は勝利を捧げられるか(#njcmll)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレス「ファンタスティカマニア2020(#njcmll)」1・12京都KBSホール大会の対戦カード・試合結果とファンの試合画像レポートをお伝えします。

 

引退する中西学の地元で小島聡とウルティモ・ゲレーロの前哨戦への期待や、注目のナマハゲと田口隆祐の対戦、内藤哲也・ヒロムとガルデニアの対戦など見どころや注目ポイントも。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




もくじ

新日本プロレス「ファンタスティカマニア2020(#njcmll)」1・12京都KBSホール大会開催と注目ポイント

新日本プロレス「ファンタスティカマニア2020」3日目京都大会が開催。

対戦カードは開幕戦と同様、CMLL参戦選手のタッグマッチや6人タッグマッチが多く組まれている。

 

話題の覆面レスラー・はルシフェルノと組んで、田口隆祐・フエゴという、陽気なコンビと対戦する。
田口監督がナマハゲに興味を示す可能性は高いが、素顔を知っている間柄だけにどのような展開になるのだろうか。

 

CMLLいちの乙女と言われる、ドゥルセ・ガルデニアはこの日も内藤哲也や高橋ヒロムらL.I.Jとの異色の対戦を組まれている。

棚橋弘至とのタッグも3日目となりレアな連携にも期待しよう。

 

ドゥルセ・ガルデニア(CMLL)の普段は男前な画像 カワト・サンと髪切りマッチも!FANTASTICA MANIA2020初参戦

 

メインはこの日も小島聡とウルティモ・ゲレーロのCMLL世界ヘビー級王座前哨戦の6人タッグマッチ。

 

タイトルマッチが近づいているだけに勝利を収めて勢いをつけておきたい小島聡。

 

また、小島聡としては第三世代の盟友で引退を発表している中西学の地元だけになおさら勝利を飾りたいところ。

 

中西学の最後の地元凱旋試合をさせてあげたいところだが、追加カード発表等待つしかなさそうだ。

 

NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2020
日時
2020年1月12日(日)   16:00開場 17:00開始
会場
京都・KBSホール
住所:〒602-8588 京都市上京区烏丸通り一条下ル龍前町600-1 (京都市上京区烏丸上長者町) KBS京都放送会館3F
電話:075-431-1132
アクセス:※京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅2番出口または「今出川」駅6番出口より徒歩8分
※JR「京都」駅より車で約15分
※阪急「烏丸」駅より車で約10分

<引用元:新日本プロレス>

 

「ファンタスティカマニア2020」1・12京都KBSホール大会の対戦カード・試合結果とファンの試合画像レポート

第1試合 ○アウダス&上村優也 VS 金丸義信&×DOUKI 9分26秒  変型リバースフランケンシュタイナー→片エビ固め

第2試合 ×フエゴ&田口隆祐 VS ○ルシフェルノ&ナマハゲ 9分56秒  ルシフェルノクラッシュ→エビ固め

第3試合 ソベラーノJr.&ストゥーカJr.&×ゲレーロ・マヤ・ジュニア VS ○ネグロ・カサス&OKUMURA&タイガー 8分45秒  ラ・カシータ

第4試合 アンヘル・デ・オロ&×ニエブラ・ロハ&ティタン VS サンソン&○クアトレロ&フォラステロ 14分20秒  ジャンピングラストライド→エビ固め

第5試合 ドゥルセ・ガルデニア&棚橋弘至&×辻陽太 VS 内藤哲也&○高橋ヒロム&BUSHI

第6試合 小島聡&カリスティコ&×フライヤー VS ウルティモ・ゲレーロ&エウフォリア&○バルバロ・カベルナリオ


 

選手の動向やコメント”小島、ゲレーロが年下だと知る””内藤がドゥルセに関心”


メインイベントではCMLL世界ヘビー級王座をかけて闘う小島聡とウルティモ・ゲレーロの前哨戦3戦目となった。

 

この日もゲレーロ組が勝利したが、シリーズ最終戦でやはりタイトルマッチを予定されている、バルバロ・カベルナリオが王者カリスティコに猛烈アピールをした。

試合でもカベルナリオがピンフォール勝ちをしており、メインイベントで3連勝しているだけに、自身も漲っているのではないだろうか。

 

また、ウルティモ・ゲレーロが自身よりも年下だと知ったようで、

「昨日のスペイン語に続いて、今日も一つ勉強したことがある。あいつ、ウルティモ・ゲレーロ。あいつは年齢がオレより2つも年下だった。それで何が親分だ、ああ? お前、年上だぞ、オレの方が。2つも上だ。年上を敬えよ。お前なんかに親分、名乗らせねえぞ、絶対に。オレが勝って、オレが、オレが親分になってやる」

<引用元:新日本プロレス>

 

試合に負けてしまった小島聡はツイッターで、

 

 

と、やはり頭の片隅に中西学のことがよぎっていたようだ。

京都で勝利をあげられなかったのは残念だが、CMLL世界ヘビー級王座の獲得で中西学に、まだまだ死んでいない第三世代を誇らしげに見せてほしいものだ。

 

連日、ドゥルセと対戦した内藤は少しだけ関心を示しているようだ。

ロスインゴというユニットがある以上、タッグを組む機会は少ないと思うが、案外いい制御不能にはなりそうな気がする。

 

また、高橋ヒロムは新日本ジュニアがベルト挑戦に関して名乗り出ないことに不満げ。

 

唯一声を出している上村優也に一定の評価をしているが、名古屋大会・後楽園ホール大会で他のジュニア選手が挑戦表明をするのだろうか。

 

 

ファンの反応「ステンドグラスとルチャドール達の共演は美しすぎ」

 

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログが上位席巻しているブログ村はこちらです。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください