【ノアのイッテンヨン】潮崎豪ら杉浦貴の試合結果とコメントの感動ポイント5選「誰にも負けたくない」

2020年1月4日、東京ドームの隣、後楽園ホールでプロレスリング・ノアのイッテンヨンこと「後楽園ホール Day1 NEW SUNRISE」大会が話題となっている。

 

新日本プロレスに負けなかったノアのイッテンヨンに天龍源一郎がダブって見えた。

個人的に大満足となったノアのイッテンヨンの試合結果と良かった点を挙げてみる。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




ノアのイッテンヨン「後楽園ホール Day1 NEW SUNRISE」が大盛況

 

日本のプロレス界で「イッテンヨン」といえば、新日本プロレスの1・4東京ドーム大会を指す。

 

いや、指していた、とした方がいいのか、来年からは新日本プロレス以外のイッテンヨンに注目が集まっていくかもしれない。

 

プロレスリング・ノアが2020年の開幕を後楽園ホールで迎えた。

各メディアで既報の通り、1・4と1・5後楽園ホール大会は完売となり、ファンからの期待の大きさが推し量ることができる。(ちなみに新日本プロレスのイッテンヨンは40004人と超満員にならなかったことをオカダ・カズチカがリング上で叫んだ)

 

 

この日のメインイベントはGHCヘビー級選手権試合で王者清宮海斗VS潮崎豪という清宮にとっては真価を問われる相手となったが、この日のノアは新日本プロレス1・4東京ドームを超えた熱気だったことは間違いない。

 

ノアのイッテンヨンの試合結果と感動したポイント「温故知新」

 

私はプロレスリング・ノア旗揚げ時の三沢光晴の大ファンだったことから、古き良きノアが大好きだった。

 

三沢光晴が急逝し、小橋が引退、秋山が退団後は正直、観戦する機会がグッと減っていたが、AXISの快進撃や清宮海斗というスターの誕生、マイケル・エルガンの参戦など最近のノアは話題に事欠かなくなっており、再び興味を持ち始めていた。

 

この日の試合結果(タイトルマッチのみ)は以下の通り。

 

GHCヘビー級選手権試合
清宮海斗×VS潮崎豪○
27分42秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
※潮崎豪が第33代選手権者となる

GHCナショナル選手権試合 60分1本勝負
○杉浦貴VSマサ北宮×
20分32秒 雪崩式オリンピック予選スラム→体固め
※初代王者・杉浦貴が2度目の防衛に成功

GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
×HAYATAVS○小川良成
20分47秒 4の字式エビ固め
※小川良成が第41代選手権者となる

GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
鈴木鼓太郎&○小峠篤司VS覇王&×仁王
10分36秒 キルスイッチ→エビ固め
※第38代選手権者・鈴木鼓太郎&小峠篤司組が初防衛に成功

<引用元:プロレスリング・ノア>

 

その私がこの「ノアのイッテンヨン」で感動したポイントは以下の通りだ。

 

田中稔のシューティングスタープレス

田中稔は丸藤と組み、タッグマッチを行っている。

田中稔といえば、隣の東京ドームで引退試合を行っている獣神サンダー・ライガーと試合をしたいと再三ツイートしており、ファンなら、ライガーと田中稔や金本浩二のジュニスタの試合を思い出す人も多いだろう。

 

田中稔とライガー最後の対戦という願いは叶わなかったが、試合でライガーの代名詞の印象の強い大技・シューティングスタープレスを出した。

 

 

会場で観戦していたファンもきっとこの技の意味と田中稔の思いは感じたはず。

 

小川良成のGHCジュニアベルト初載冠

平成のプロレスファンなら誰もが一度は考えた、「全日本プロレスVS新日本プロレス」の夢の対戦。

ほとんどのファンが獣神サンダー・ライガーの対戦相手に渕正信か菊地毅か小川良成を選んでいただろう。

 

ライガーが引退するこの日、そして、三沢光晴の右腕として長年タッグパートナーを務めた小川良成が勢いに乗るラーテルズのHAYATAからピンフォール勝ちを収め会場は大歓声となった。

しかも4の字式エビ固めで3カウントとったあたりに、全日本からノアへの転換期を思い出す。

 

決してまぐれではなく、三沢光晴への「まだまだ俺がんばってますよ!」というメッセージに見えた。

杉浦貴のバックステージコメント

 

GHCナショナル選手権でマサ北宮と対戦した杉浦貴は、雪崩式オリンピック予選スラムで勝利を収めている。

 

このバックステージで新日本プロレスのイッテンヨンに負けたくなかった思いを吐露した。

 

 

前述の小川良成同様、若い世代が台頭してくるなか、死守したGHCナショナルのベルトに誇りをもち、マサ北宮だけでなくもっと大きなものと試合をしていた、感情を揺さぶられるコメントだった。

 

潮崎豪と清宮海斗の激闘と緑のコスチューム

潮崎豪はこの日から新しい緑のコスチュームで登場。

緑といえば、ノアのイメージカラーであり、故・三沢光晴さんのイメージカラーでもある。

 

三沢光晴さんの最後の試合でパートナーを務め、新エースとなったあの日から10年経過しているが、年齢的にも体力的にもまだまだ下の世代に譲るには早い。

 

試合後の「俺がノアだ!」の言葉には、偉大な先輩方と清宮海斗へのリスペクト、自分への自身、ファンへの感謝が詰まっていたと思う。

 

 

かつての天龍源一郎の魂が集まった後楽園ホール大会

ビッグマッチの裏といえば過去にも様々な伝説が残っている。

 

UWFの東京ドーム大会「U-COSMOS」の同日、札幌中島体育センターでジャイアント馬場から初のピンフォール勝ちを収めた天龍源一郎。

週プロが開催した「夢の架け橋」の裏で、場所は同じく後楽園ホールで開催されたWARの興行で、長州力や平成維震軍が集まり東京ドームを越える熱狂の渦となった。

 

いずれも反骨精神の塊・天龍源一郎がキーマンとなっているが、この日のノアには天龍源一郎の魂が宿っていたようだ。

 

ノアのイッテンヨンには、サイン会で小橋健太や長州力も来場しており、ノアはファンサービスを拡大し、武田社長も今年の方針を打ち出している。

 

「もう裏イッテンヨンとは言わせない」という意気込みが伝わってくる。

プロレスリング・ノアがファンサービスを拡大した理由 フリー・他団体選手は売店で確認が必要

ファンの反応


この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

フォローして更新情報をいち早く受け取ろう