新日本プロレス

ライガー総選挙の全結果とライガーの予想や高橋ヒロムもツイート 引退後は『野毛の風』になりたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引退試合を控えた”世界の獣神”こと、獣神サンダー・ライガーのベストバウトを選ぶライガー総選挙の生配信が行われた。

 

ファンが選んだライガー総選挙の結果や、ライガーの今の気持ちや当時のエピソードを振り返っていこう。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




もくじ

ライガー総選挙が生配信でスタジオはライガーだらけ


2020年1月4日・5日の新日本プロレス東京ドーム「レッスルキングダム14」で引退試合を迎える獣神サンダー・ライガーの生涯のベストバウトをファンの投票で決めるライガー総選挙の生配信が行われた。

 

31年というプロレス人生でもあり、少しでもプロレスをみたことがある人ならライガーの思い出があるはずだが、それぞれのライガーに想いをはせたのでは無いだろうか。

 

元井美貴さんは、自作で手書きのライガーTシャツで臨むなど、ライガー愛溢れるスタジオからの放送となった。

ライガー総選挙の結果

第20位 獣神サンダー・ライガー VS ウルティモ・ドラゴン

第19位 獣神サンダー・ライガー VS  佐野直喜

Uインターとの対抗戦で再開した両者の試合。

佐野選手がトペスイシーダを出すなど、ファン大興奮の試合となった。

 

第18位 獣神サンダー・ライガー VS  丸藤正道

丸藤のベルトに挑戦するときの、「胸貸してやる」のやりとりは名シーン。

引っ叩かれて、冷静な丸藤がキレた瞬間が見れた貴重な瞬間。

 

第17位 獣神サンダー・ライガー VS  大谷晋二郎

第16位 獣神サンダー・ライガー VS  CIMA

第15位 獣神サンダー・ライガー VS  保永昇男

保永選手がクロスアームスープレックスで勝利した試合。

試合後、保永コールが発生し、アウェイ状態だったとか。

 

第14位 獣神サンダー・ライガー VS  ウルティモ・ドラゴン

8冠戦でドームで行われた試合。

ゴールドライガーで臨み、勝利したが、ライガーが8冠チャンピオンになってから、8冠ガールズが帯同しなくなったという。

 

第13位 獣神サンダー・ライガー VS  佐野直喜

ライガーがマスクを剥がされた試合で、必ずあげられる試合の一つ。

 

第12位 獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク VS  TAKAみちのく&タイチ

ライガーをキレさせた試合。

多くは語らないが、ツノをちぎり、放送してはいけない行動をとったタイチにキレた。

 

第11位 獣神サンダー・ライガー VS  青柳政司

マスクを剥がされ、中盤自らマスクを脱ぎ去った試合。

凄惨な対抗戦だった。

 

第10位 獣神サンダー・ライガー VS  エル・サムライ

マスクを剥がしてTOSJ初優勝をした試合。

元井アナがプロレスを好きになった試合だとか。

田口監督曰く、サムライ選手はマスクを剥がされたため

 

第9位 獣神サンダー・ライガー VS KUSHIDA

ホバーボードロックで敗れたものの、新日ジュニアを背負っていたKUSHIDA。

ライガーの息子がKUSHIDAファンだという。

 

第8位 獣神サンダー・ライガー VS  石森太二

最後のIWGPジュニア挑戦となった2019年の試合。翌日に引退を表明したことでもファンの心に残っている。

 

第7位 獣神サンダー・ライガー VS  スペル・デルフィン

デルイガーで登場したデルフィンと対決した第1回BOSJ。

勝利後、デルフィンファンの妻に口を聞いてもらえなかったとのこと。

 

第6位 獣神サンダー・ライガー VS  ハヤブサ

第1回スーパーJカップの1回戦で実現した、夢の対決。当時は夢のオールスター戦となった伝説の大会。

情報もなかったハヤブサに焦ったというエピソードも。

 

第5位 獣神サンダー・ライガー VS  ザ・グレート・サスケ

スーパーJカップでもっともファンが楽しみにしていた試合。

東北の英雄・サスケを完全に押していたが、ライガーの隙を見逃さなかったサスケが大金星をあげた。

 

第4位 獣神サンダー・ライガー VS  金本浩二

最も圧倒的な強さを見せていた時代。

挑戦者金本浩二をわずか3分56秒で倒した試合。

この後、新日本プロレスは暗黒期に入っていき、ライガーはCTU時代へと突入する。

第3位 獣神サンダー・ライガー VS  グレート・ムタ

鬼神ライガー 初登場となった神戸での試合。

当時テレビ中継はなく、闘魂Vスペシャルのビデオ収録のみだったがこれだけの伝説になっているのがすごい。

 

第2位 獣神サンダー・ライガー VS  橋本真也

ファン感謝デーで実現したバトルライガーが初登場した試合。

超ヘビー級の橋本真也相手にパワーで真っ向勝負し、ジュニアはヘビー級の格下ではないことを示した試合。

 

第1位 獣神サンダー・ライガー VS  鈴木みのる

2019年に行われたバトルライガーでのシングルマッチ。

パンクラスでのシングルマッチから、純プロレスの世界に戻ってきた鈴木みのるを知るファンにはこれほど泣ける試合はなかった。

藤原門下生の2人が、最後は座礼で終える感動的な試合だった。

ケガなく引退を迎えたいと思っていたライガーを呼び起こした鈴木みのるもすごい。

 

配信中に高橋ヒロムからもツイート

 

番組配信中には、引退試合の相手を務める高橋ヒロムからもツイートがあった。

 

 

いつもはクレイジーキャラの高橋ヒロムも過去の名勝負を目に焼き付けてきた元々はファンの一人。

 

ライガーの全てを受け止め、ライガーが未練を残さぬよう完全勝利をすることがヒロムの最大の恩返しであることはいうまでもない。

 

ファンの反応

↓↓もっと面白いブログが読める!プロレスブログランキングはこちら↓↓ᕦ(ò_óˇ)ᕤ  

プロレスランキング

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る