新日本プロレス

高橋ヒロム復帰戦の動きと試合結果がすごい!『ヒロム全然キレッキレ』『怪我して能力上がった』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレス2019年最後のシリーズでいよいよL.I.Jの高橋ヒロムが復帰戦を迎える。

 

ヒロムファンのみならず、復帰戦の舞台となった後楽園ホール大会がただならぬ期待に包まれており、令和のジュニアの象徴となりうる逸材である事が感じられる。

 

復帰戦についてファンの期待や反応を確認していこう。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




高橋ヒロムが復帰戦

 

L.I.Jのタイムボムこと、高橋ヒロムがついに復帰戦を迎える。

 

2018年、アメリカで行われたIWGPジュニアヘビー級選手権試合で、挑戦者ドラゴン・リーのドラゴンドライバーで首を負傷し長期戦線離脱をしていたが、ワールドタッグリーグ2019最終戦広島大会で衝撃の復帰宣言と新日本プロレス東京ドーム大会『レッスルキングダム14』で現王者ウィル・オスプレイに挑戦する事も決定した。

 

ファンにすれば、高橋ヒロムが返上したベルトを取り返しに来たという感覚かもしれないが、意外と高橋ヒロムは謙虚だった記者会見も印象的だった。

 

前哨戦兼復帰戦となる後楽園ホール大会では、盟友BUSHIとタッグを組み、オスプレイ&イーグルスと対戦する。

 

本来なら前哨戦の駆け引きなど楽しみたいところだが、復帰の比重が大きく、前哨戦感が薄れているのも事実。

 

なかなかこんなに復帰が待ち遠しい選手はいないだろう。

 

https://njpwlove.com/206.html

 

ライガーに指名され令和のジュニアの象徴へ

 

高橋ヒロムは当然ながら、1・4東京ドームでの、ベルト奪還が直近の課題ではあるが、そこばかりもみていられない状況もある。

 

翌日1・5東京ドームでは、ジュニアの象徴として新日本プロレスに君臨してきた獣神サンダー・ライガーの引退試合を務める予定である。

 

しかも、ドラゴン・リー改め、リュウ・リーとのタッグという、ヒロムファンにとっては情報が詰まり過ぎの2日間である。

 


昭和のジュニアの象徴が、藤波辰爾やタイガーマスクであれば、間違いなく平成のジュニアの象徴は獣神サンダー・ライガーで間違いない。

 

天龍源一郎が引退試合で現在のプロレス界のトップであった、オカダ・カズチカを指名したように、ライガーは令和の新日本プロレスのジュニアの象徴として高橋ヒロムを指名したに違いない。

 

そう考えないと野暮ってもんではないだろうか。

 

タイガーマスクや田口隆祐、KUSHIDAでもなく、新日正規軍でもない高橋ヒロムを指名したあたり、ライガーが安心して託せるスター性も持ち合わせている。

 

ライガーやタイガーマスクと違って、ヒーロー感はないが笑、将来の新日本プロレスの超大物になっている未来が楽しみでしょうがない。

 

高橋ヒロム復活へのファンの反応

 

復帰戦となる後楽園ホール大会に対するファンの期待がすごい。

 

 

 

試合の動きと結果がすごい

ついに復帰戦を迎えた高橋ヒロム。

会場のおかえりムードをかき消すようなすばらしい動きで会場を沸かせ安心させた。

 

やはりスターだ、間違い無い。

 

試合結果は押していたヒロム・BUSHI組だったが、イーグルスにヒロムが丸め込まれて3カウントを取られてしまうという負けを喫してしまった。

 

メイン(第7試合)では“高橋ヒロム復帰戦”として、1.4ドームのIWGPジュニアヘビー級王座戦で激突する王者のウィル・オスプレイと挑戦者の高橋ヒロムが、それぞれロビー・イーグルス、BUSHIをパートナーに激突。
1年5カ月ぶりの試合となるヒロムは、試合開始と共にオスプレイとスピーディー&スリリングな攻防を繰り広げ、復調ぶりを見せる。その後も両チームは一進一退の攻防を繰り広げ、終盤にヒロムはイーグルスをTIME BOMBの体勢に捕らえる。しかし、イーグルスが丸め込みで切り返し、ヒロムは復帰戦で勝利ならず。

○ロビー・イーグルス 20分51秒  ジャックナイフ式エビ固め ×高橋ヒロム

<引用元:新日本プロレス>

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログが上位席巻しているブログ村はこちらです。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください