新日本プロレスコンクルソ参加選手の肉体・筋肉画像!優勝候補はSHO?トロフィーも準備

2019年12月26日新日本プロレスSHO, YOH, コンクルソ, 新日本プロレス, 棚橋弘至

新日本プロレス版コンクルソの開催が迫っており、参加選手がラストスパートをかけている。

 

参加選手の肉体や筋肉の画像や優勝候補、開催日時や場所・観覧方法を確認していこう。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!




新日本プロレス・コンクルソ開催

 

メキシコCMLLで毎年開催されている「コンクルソ」の新日本プロレス版の開催が迫っている。

 

棚橋弘至がバックステージで1人コンクルソを宣言したのが発端ではあるが、SHOや石森太二など筋肉自慢の選手が次々と名乗りを上げて、いよいよ開催を迎える。

 

 

1・4東京ドーム「レッスルキングダム14」の開催が迫っているがストイックなトレーニングや食事制限をした選手らの普段とは違った肉体美を堪能しよう。

 

コンクルソとは

 

コンクルソという言葉自体に馴染みのない人も多いかもしれない。

 

コンクルソとはメキシコの母国語でもあるスペイン語で、コンテストやコンクールという言葉と同義語だと考えていいが、要はボディビル大会である。

 

CMLLでは、毎年開催されており珍しいイベントでは無いらしい。

 


発端は、棚橋弘至がバックステージで発したのが始まりだとされている。

 

試合では敵対関係にある石森太二が、まさかの友達発見的なのりで参加を表明したのもなんだか愛くるしい。

付き人の辻陽太やヤングライオン・上村優也もさんかとなったが、北村克哉がいないのがとても寂しい限りだ。

 

コンクルソの開催日時と場所や観覧方法は?

新日本プロレス版コンクルソの開催概要は以下の通り。

開催日時と場所・2019年12月20日 後楽園ホール大会内にて

参加選手

  • SHO
  • YOH
  • 棚橋弘至
  • 飯伏幸太
  • 石森太二
  • トーア・ヘナーレ
  • 上村優也
  • 辻陽太
  • カール・フレドリックス(試合がある場合のみ)
  • クラーク・コナーズ(試合がある場合のみ)

<引用元:棚橋弘至ポッドキャストより>

 

新日本プロレスの後楽園ホール大会内で行われるため、チケットを持っているファンは観覧可能となる。

 

 

個人的には鷹木信悟・SANADAもいい線だと思うが、誰も声をかけなかったのだろうか。

 

翌日の後楽園ホール大会をSANADAが欠場!!↓

 

参加選手の肉体・筋肉画像

 

それでは参加選手の直前の肉体・筋肉の画像を確認しよう。

 

棚橋弘至

飯伏幸太

SHO

YOH

石森太二

辻陽太

上村優也

トーア・ヘナーレ

 

すでに優勝者へ渡すトロフィーも準備されているようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

コンクルソのトロフィー! すごい。 からの ジュニアタッグリーグのトロフィー、ジュニアタッグのベルトも 全て取り返します。

SHO(@sho_roppongi3k)がシェアした投稿 –

 

これは来年以降も継続する新日本プロレスな新たな文化となりそうだ。

 

棚橋弘至さえも怯んでいる、SHOが優勝候補だと感じる。

 

参加選手追加

コンクルソには、バレットクラブのダンサーでもあるピーターが唯一の女性として参加した。

ただ、本人はそんなつもりはなかったようだが。

 

 

そして、後述で番外編として紹介している田口監督も正式参加している。

 

番外編とファンの反応

 

また、コンクルソに参加はしないものの、意識している選手や意味もわからず巻き込まれている選手も。

 

 

また、ファンは思わぬ年末のイベントに楽しみにしている人が多いようだ。

 

コンクルソ当日のキレてる筋肉画像

12月20日の新日本プロレスコンクルソ当日を迎え、参加選手のキレてる筋肉画像の投稿が相次いでいる。

 

また、公式からは優勝の決定方法として、後日投票の形式となることも発表された。

 

まずは試合を見て、後から筋肉を注視していく見方もまた面白い。

 

ユーザーのみなさんの目では誰が優勝だろうか。

 

 

 

コンクルソ投票始まる

 

いよいよ投票が始まり、エントリー用の肉体画像も併せて公開された。

 

一部、勘違いしている監督もいるがぜひ投票に参加しよう。

 

 

コンクルソの結果発表【追記】

棚橋弘至のポッドキャストでついに、第1回コンクルソの結果が発表された。

 

 

棚橋弘至選手が提唱して始めて実現した第1回『新日本プロレスコンクルソ』!

コンクルソとは? メキシコ・CMLLで行われているプロレスラーによるボディビル大会のこと。

今回の『新日本プロレスコンクルソ』ではボディビル大会の概念を越えて、「誰の身体が一番カッコイイか、凄いか、好きか」を競う肉体コンテストとして、10名の選手がエントリーして12月20日後楽園ホールにて初開催、12月22日よりLINE投票を行いました。

応募総数は、1万8002通! みなさまから頂いた投票結果を発表いたします。

★音声で結果発表! 『棚橋弘至のPodcast Off!』はコチラから!

<第1回『新日本プロレスコンクルソ』集計結果>

■第10位=トーア・ヘナーレ選手(107票)

※投票理由
●プロレスラーとして見た時にやっぱキレ過ぎる身体より闘える身体だと考えました。
●体が大きくバランスが取れており絞りすぎていないところ。尚且つ体の黒さも力強さを感じさせる。
●レスラーらしい身体付きが好印象!ゴツい厚みが抜けて素晴らしいと思います!理想的なプロレスラーの体型!

■第9位=辻陽太選手(271票)

※投票理由
●大胸筋とポーズが素晴らしすぎた
●バキバキより、辻選手の体が、親しみわきます
●鍛えてる!いかにも!という筋肉より、自然な感じのする辻選手推しです。

■第8位=上村優也選手(273票)

※投票理由
●若手ナンバーワンの筋肉と身体能力総合的に見て
●上村選手の体は、これぞ新日本のヤングライオンという体なので。
●どんどん身体が出来上がってきている。将来の棚橋になりそう。

■第7位=YOH選手(360票)

※投票理由
●全員と違う魅せ方をしてたので!
●どんな服も着こなすかっこいい身体!!
●見えなくても分かる、その美しさ…!!!
●私服が可愛いのに脱いだら凄いからです。色は白いが筋肉ある人は珍しい

■第6位=田口隆祐選手(1438票)

※投票理由
●一人だけ一番異彩を放っているから。
●自分の体型に似てるから。
●1人だけ余裕を持ち過ぎた表情をしていて、何かと説得力を感じたから。
●脂肪分が多くあり、相手の打撃を受けても、耐性がありそうだからです。また、監督の私生活が現れているので好感が持てました!笑
●見事なワンパック

■第5位=棚橋弘至選手(2575票)

※投票理由
●大きくするところは大きく、絞るところは絞ってバランスよく、かつ張りのある筋肉で筋張りすぎず、一般受けする格好良い筋肉だと思います。
●プロレスラーらしい分厚くて強そうで美しい身体だからです。
●全体的なバランス、左右のバランス、筋肉のボリュームとカットの深さを考慮しました。
●筋肉と体脂肪のバランスが良い方が好きだから。40代という年齢であの身体を維持できるのは凄い!

■第4位=石森太二選手(2846票)

※投票理由
●背中に説得力がある漢になりたいから。石森、すげぇ‼️
●全体の筋肉が芸樹的なレベルで綺麗に仕上がっており、さらに腹筋が美しく割れていたのがすき
●筋肉の彫りがすごくて、一つ一つがでかい
●腹筋のレベルが桁違い
●腹直筋、腹斜筋、すべてが一級品。俺も石森選手目指して腹筋を毎日300回やってます。応援してます。

■第3位=PIETERさん(3111票) ※棚橋弘至特別賞

※投票理由
●芸術作品です!
●女性から見て、あんなに素敵な体型を維持するのは凄く大変…!ピーターさんの日頃のたゆまぬ努力の結晶だと思ってます!
●普段からトレーナーをされていたりコンテストに出場したりと、『プロ』の体なのは選手と同じだと思うので。
また、同性としても憧れるので
●常にボディラインが崩れている時を見たことがない。プロ意識が一番高いと思います。あの、お尻をキープするのは大変だと思います。紅一点頑張れ👊😆🎵

■第2位=飯伏幸太選手(3447票)

※投票理由
●筋肉のバランスが良く、飯伏選手のファイトスタイルを、文字通り体現しているように感じました。
●美しい筋肉、ムダのない自然な肉体だからです
●三角筋や上腕二頭筋、上腕三頭筋、腹筋、胸筋など全ての筋肉が綺麗に出来上がっているからです。
●コンクルソだけのために仕上げたわけではなく、わりと年中このクオリティをキープ出来ているのが素晴らしいと思います。
●肩周りの筋肉がすごい! 彫刻みたい。いい意味で人間じゃない。

★第1位=SHO選手(3574票) ※初代ミスター新日本

※投票理由
●とにかく筋肉がやばい。全世界のレスラーでここまで筋肉が多いのはいないと思う。
●いろいろ浮き出てて最高
●一番キレてます!文句なしで優勝だと思います!
●筋肉の筋が見えて血管までデカい。下半身も良い!多分、一番体脂肪率が少ないのでは?
●約半年間、節制や筋力トレーニングを頑張ってきた苦労をSNSで誰よりも発信して意欲的に取り組んでいたから。
●並大抵の努力ではこの身体は作れない。
●黒さと絞りが圧倒的に1番。雷が走るような血管に惚れ惚れしました。

以上、第1回『新日本プロレスコンクルソ』投票結果となります。みなさま、たくさんのご投票ありがとうございました!

※見事1位を獲得したSHO選手には優勝トロフィーが、棚橋弘至特別賞を核としたPIETERさんには特別賞のトロフィーが後日、手渡されます。

『新日本プロレスコンクルソ』エントリー選手の今後の活躍、そして東京ドーム2連戦での“肉体”にもご注目ください!

<引用元:新日本プロレス>

棚橋弘至が新たに築いた新日本プロレスの新たな文化・コンクルソ。

 

次回はぜひL.I.Jや鈴木軍からも出場してほしい。

 

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

ブログランキングワンぽちお願いします(1日1回有効)

日本ブログ村上位席巻中!ワンぽちお願いします

2019年12月26日新日本プロレスSHO, YOH, コンクルソ, 新日本プロレス, 棚橋弘至

Posted by ひも