新日本プロレス

ザックセイバーJr.のトルネードDDTと内藤哲也の体幹力が凄い動画!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスG1CLIMAX30第四戦となった、札幌大会二日目の内藤哲也VSザックセイバーJr.の一戦をご覧になりましたか?

試合は内藤哲也選手が勝利していますが、内藤哲也選手が最も苦手とするザックセイバーJr.選手の閃きが光る試合内容でした。

その中でも特に思わず声が出てしまったのは、ザックセイバーJr.選手のトルネードDDT三角跳び式スイングDDT)です。

ザックセイバーJr.のトルネードDDTと内藤哲也の体幹力が凄い動画!

新日本プロレス9・24札幌でのG1CLIMAX30

メインイベントは、内藤哲也vsザックセイバーJr.という、IWGP二冠王者の内藤哲也選手といえど一筋縄ではいかない相手です。

棚橋弘至戦の後のバックステージでも「次は札幌でのザック・セイバーJr.戦。ハッキリ言っとくよ、俺にとって一番やりにくい相手だからね。もう棚橋戦のこと、振り返ってるヒマはないよ。ザック・セイバー戦のことについて、考えなきゃいけないんでね。」と素直に、ザックセイバーJr.選手への苦手意識を口にしています。

試合は、王道の攻めを見せる内藤哲也選手と、攻めの定石などまるで無い感じのザックセイバーJr.選手の攻防にファンも固唾を飲んでいます。

アメトーークでも紹介された変幻自在の関節技に内藤哲也選手も翻弄されます。

特に三角絞めは、手足が細くて長いザックセイバーJr.選手が極めやすい(がっちり絞りやすい)技かもしれません、まさにザックセイバーJr.選手の真骨頂といえます。

しかし、三角絞めが決まり、動けない内藤哲也選手の左腕をさらに極めにかかるあたりが、「匠」たる所以でしょう。

トルネードDDTの動画と内藤哲也の体幹が凄い!

↓↓もっと面白いブログが読める!プロレスブログランキングはこちら↓↓ᕦ(ò_óˇ)ᕤ  

プロレスランキング

試合中盤の攻防の中で、見たこともないスイングDDTが飛び出しました。

コーナーに飛び乗り、三角跳びの要領で内藤哲也選手の首を捕まえたままスイングします。

三角跳び式スイングDDTと呼ぶのかと思いきや、新日本プロレスワールド公式ツイッターでは「トルネードDDT」と紹介しています。

解説の通り、内藤哲也選手ら多くの選手が使用する一般的なスイングDDTは仕掛ける選手が一度コーナーで体勢を作ってから相手の首を抱えます。

一般的なスイングDDTはこちらです↓(ツイッターより)

この数秒かかるムーブを完全にすっ飛ばしてDDTに行ったザックセイバーJr.選手も凄いですね、その技が仕掛けられるとあの攻防の中で判断したわけですから。

そして、見たこともない動きで自らの首を掴まれた内藤哲也選手も、衝撃に潰れずにスイングされる体幹の強さと受けのうまさも光ったと思います。

ザックセイバーJr.選手の体重が完全ヘビー級であれば飛び乗られただけで内藤哲也選手がバランスを崩していたでしょうし、予想しない動きに首を負傷していた可能性もあります。

世界で一番速いDDTとそれを受けきった両者が光るシーンでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください