新日本プロレス

【妥当?】G1クライマックス30(2020)落選した選手の理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレス・G1クライマックス30(2020)が遂に発表されましたが、あの緊張の瞬間を目撃されましたか?

念願かなって出場できた選手もいれば、落選し出場できない選手もいます。

 

この記事では、

  • G1クライマックス30(2020)に出場できなかった落選した選手について一覧にしています。
  • G1クライマックス30(2020)に出場できなかった理由に迫ります。

※サムネイル画像は新日本プロレス公式ツイッターより

【妥当?】G1クライマックス30(2020)落選した選手の理由は?

新日本プロレス「NEW JAPAN ROAD2020」仙台大会で、遂に30回目の記念大会となるG1クライマックス30(2020)の出場選手とブロック分けが発表されました。

1番のサプライズと歓声が上がったのは、海外勢の日本復帰です。

 

私の記事でもこれまで、コロナ禍においてジェイホワイト選手やタマトンガ選手、ウィルオスプレイ選手を紹介してきましたが、ようやく日本での試合が見れることは最高に嬉しいですね。

一方、実力はありながら落選し、出場なし得なかった選手もいます。

 

>>G1クライマックス2020の日程と出場選手一覧!みんなの優勝予想は?

 

G1クライマックス30(2020)に落選した選手とその理由や様子

G1クライマックス30では、下記の複数の選手が落選しています。

選考の基準は不明ながらも、落選の理由について考えていきたいと思います(私の個人的感想です)

 

真壁刀義

最近はその知名度からタレント業の方が忙しそうな真壁刀義選手。

発表があったNEW JAPAN ROAD2020シリーズにも全く出場していないため、この落選は仕方ないと思います。

 

本間朋晃

 

出場を宣言し、内藤哲也選手からダメ出しをされていた本間朋晃選手も落選です。

コンスタントに出場はしているものの、タイトル戦線に絡めていないことや、NEW JAPAN CUP2020では一回戦で高橋ヒロム選手に敗れていることからも、落選は妥当かもしれません。

真壁刀義選手とタッグタイトルを獲得したり、NEVER無差別級など意欲を見せてほしいです。

小島聡


第三世代の中では最もベルトに近い男とファンの間では噂されています。

KOPW2020では一回戦で敗退したものの、その剛腕ラリアットの威力の健在ぶりを証明しました。

いい人で有名ですが、力ずくでタイトルに絡んでもいいのではないかと思います。

>>小島聡のラリアット以外の必殺技、知ってる? 9つの技と幻の技4選

 

天山広吉

現在は、マスターワト選手のサポートに全力を注いでいます。

出場試合数も少なく、タイトル挑戦も無いため、妥当と言えば妥当ですが闘魂三銃士を苦しめ、新闘魂三銃士を三タテした猛牛をもう一度G1で見て見たいですね。

>>天山広吉のワトに隠れた寂しい事実…第三世代に厳しいNEW JAPAN ROAD2020

 

ヤングライオン


ヤングライオンでの出場は極めて難しいので、落選は妥当です。

しかし、早速辻陽太選手がヤングライオン杯の開催を提案していますので、この心意気がいいですね!

 

トーア・ヘナーレ


試合に出場できていないため、まだ海外にいると思われます。

気合は最強ですが、実績が少ないため妥当かと思われます。

ヘナーレ選手自身も不本意な様ですのでまずは昨年のように、棚橋弘至選手のタッグパートナーの座を飯伏幸太選手から奪い取って最前線に出てきて欲しいです。

 

デビッド・フィンレー


タッグパートナーのジュースロビンソン選手が出場しているだけに、悔しい落選でしょう。

NEW JAPAN CUP2020 USAでは準優勝を飾っており、優勝したKENTA選手や、決勝戦に上がれていないジェフコブ選手が出場できているだけに、最も落選の理由が分からない選手です。

 

高橋ヒロム

コロナ禍で最も新日本プロレスを盛り上げ、話題を作った選手と言っても過言ではないでしょう。

対ヘビー級で、本間朋晃選手と石井智宏選手を破っているだけに、落選はもったいないとしか言いようがありません。

最もG1出場に近いジュニアヘビー級選手でしたので、肩の調子が悪いのかも心配になってきます。

 

マイキーニコルス

2019年はNEW JAPAN CUPやワールドタッグリーグに出場していましたので、やはり、出場機会が少なくなったことがいちばんの理由かもしれません。

 

SHO

YOH選手の欠場により、意図せず対ヘビー級戦線で揉まれたSHO選手も高橋ヒロム選手同様、ジュニアヘビー級としてエントリーして欲しかった選手の一人です。

鷹木信悟選手をNEW JAPAN CUPで破るなど快挙はありましたが、NEVER無差別級王座での敗戦や、6人タッグでの敗戦が大きいのかもしれません。

また、身内の不幸もありましたので来年に向けて充電して欲しい気持ちもあります。

>>【涙】SHOが兄の他界に耐え4試合出場していた!試合後の様子がプロすぎる

 

バッドラックファレ

ファレ選手もまだ海外にいると思われます。

出場できていないこともありますが、ニュージーランドだと、他の海外勢と比べて試合出場がほぼできないため、今回の選考ではかなり不利だったことでしょう。

当ブログでもその肉体改造を紹介しましたが、その実力が証明される日を見て見たいですね。

>>【画像あり】バッドラックファレが道場で体重30キロ減量の肉体改造

 

タマトンガ


現在ベルトを保持しておらず、NEW JAPAN CUP2020 USAでも成績を残せなかったことがその理由でしょう。

最近はカールアンダーソン選手との絡みも見られます。

世界が注目する選手ですので、ファン心理としてはWWEやAEW、インパクトレスリングといったアメリカの団体に移籍しないように新日本が好待遇で引き止めておいて欲しいと思います。

>>衝撃!タマトンガがWWEと合意していた2016当時画像と理由と今後#njpw

 

タンガロア

タマトンガ選手同様、出場するだけの実績を残せていない(試合にあまり出れていない)ことがその理由でしょう。

タマトンガ選手とのタッグでその実力を光らせる選手ですので今後はシングルプレーヤーとしても活躍の場が欲しいですね。

 

石森太二

IWGPジュニアヘビー級王者として、出場の可能性は大きかったと思います。

これまでに獣神サンダーライガー選手やウィル・オスプレイ選手など、ジュニアヘビー級でありながらG1クライマックスの舞台で輝いた選手はいます。

8・29神宮球場で、タイトル奪取したばかりであることや、IWGPジュニアタッグ王座決定リーグ戦の真っ最中ということもエントリーされなかった理由かもしれません(高橋ヒロム選手もこれでつじつまが合う)

 

ジョンモクスリー

 

コロナ禍とはいえ、IWGP USヘビー級王座を持ったまま鈴木みのる戦以降、防衛戦を行えていないモクスリー選手。

落選というよりは、AEWなどとの契約や都合があわなかったことが理由の背景にあるかもしれません。

 

カールアンダーソン

 

WWE解雇後、ずっとささやかれる新日本プロレスの復帰。

G1クライマックスは間違いなく、カールアンダーソンの復帰にはもってこいの舞台です。

しかし、インパクトレスリング移籍したばかりですので、G1クライマックスという大舞台への参戦は、こちらもやはり団体間の問題がありそうです。

>>カールアンダーソンの新日本復帰はG1?3人の選手とハッシュタグ

 

他団体日本人選手

 

毎年、ファンが期待する他団体からのサプライズ参戦。

今年に限っては、新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリングノアというメジャー3団体が同時期にシングルリーグ戦を開催するため、大物選手の参戦はスケジュール的にほぼ不可能だったと考えられます。

大日本プロレスやZERO-ONE、DDTなどからの参戦も否定はできませんでしたが、各団体の懐事情からすると、人気選手を参戦させる余裕が無かったのかもしれません。

それでも、これだけの誰も文句のつけようが無い最強メンバーをそろえられた新日本プロレスがあらためてすごいですね。

 

プロレスマニアが嬉しい!屈指のプロレスブログランキングはこちらのタナからですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

人気ブログランキング

まとめ

この記事をざっくりまとめると、

  • 新日本プロレス・G1クライマックス30(2020)の出場選手が発表された
  • 落選した選手には、最近の実績から妥当と思われる選手もいるが、なぜ落選したのか不思議な選手もいる
  • これだけの選手をしっかり集められた新日本プロレスは改めてすごいと感じる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスワールドはテレビの大画面で見ませんか?

え!?もしかして新日本プロレスワールド(NJPW WORLD)を、まだスマホやタブレットで見てませんか?((((;゚Д゚)))))))

新日本プロレスの激闘は生観戦が一番ですが、お家で楽しむならやっぱり大画面です。

 

新型コロナウイルスなど、自粛を求められる機会も多く、できることならお家時間も最大限に楽しみたいですよね。

地上波の「ワールドプロレスリング」のように、新日本プロレスワールドの配信をテレビの大画面で楽しみませんか。

 

スマホの充電切れや突然の着信に、イラッとすることは無くなりますwww

気になる方はボタンをクリックしてください↓↓

新日本プロレスワールドをテレビの大画面で視聴する方法はこちらです

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください