新日本プロレス

永田裕志の決断は引退?最近の3試合でIWGPヘビーもいける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスの”ブルージャスティス”永田裕志選手が、大きな決断をしたことを知っていますか?

新日本プロレス最年長52歳ながら、先日は鈴木みのる選手との壮絶なシバキ合いをみせてくれ、若手の大きな壁であることは間違いありませんが、その決断にファンとしては何か寂しい決断をしたのではないかという不安も感じます。

この記事では、

  • 永田裕志選手の大きな決断について、その経緯に迫ります
  • 大きな決断がもういちど「IWGP獲り」なのか「引退」なのか考えます

※この記事は筆者の個人的見解です(永田裕志選手は引退はしていませんし発表もしていませんm(__)m)

永田裕志の決断は引退?最近の3試合でIWGPヘビーもいける!

新日本プロレス”ブルージャスティス”こと、永田裕志選手が海に行ったことをツイートしたのを見ましたか?

何やら大きな決断をしたとの気になるツイートです。

この決断が何を意味するのか、IWGP獲りか、まさか「引退」じゃないかと少し不安な気持ちにもなります。

 

2017年にG1クライマックスへの出場を最後とすることを発表して以後は、その人気は未だ健在ですが年々出場数も少なくなっています。

2020年に入り、盟友・中西学さんの引退やライガーさんの引退に伴い、新日本プロレス最年長52歳でがんばる様子を日々投稿しています。

2000年代、棚橋弘至選手や中邑真輔選手、オカダカズチカ選手が新日本プロレスを支えたというエピソードは有名ですが、永田裕志選手ら第三世代の活躍をなくして彼らの活躍はなかったこともとても大切です。

デビュー35年を終え、永田裕志選手はどんな大きな決断をしたのでしょうか。

>>天山広吉のワトに隠れた寂しい事実…第三世代に厳しいNEW JAPAN ROAD2020

永田裕志の決断に至る経緯とすごい3試合

2020年の中西学さんの引退後、コロナ禍に突入し試合数は激減。

連日のコロナ感染者数のニュースをツイートし、この国内の感染状況を憂いていることがわかります。

 

試合再開後、NJC2020では、vs鈴木みのる戦、vsオカダカズチカ戦とその存在感を改めて見せつけてくれました。

 

無観客だっただけに、二人の打撃音が会場に響き渡る内容でした。

しかし一回戦突破後、永田裕志選手から今回の決断の伏線ともいえるツイートがあります。

 

二回戦では、現在の新日本プロレスを牽引するオカダカズチカ選手に対しても、強烈な打撃で「ミスターIWGP」と呼ばれたその実力を見せてくれました。

記憶に新しい後楽園ホールでの鈴木みのる選手とのシングルマッチでは期待以上の壮絶な試合を見せてくれて、まだまだトップを取れる実力の高さを感じました。

しかし、試合後の鈴木みのる選手のマイクパフォーマンスは今となっては、永田裕志選手へのメッセージにも受け取れます。

 

「オイ、後楽園ホール。オメェら、うるせえよ、(拍手を)バチバチパチパチ。黙って見とけ、この野郎!(※大拍手の中、場外にいる永田に向かって) オイ、永田ーー!! オイ、テメェ! (※笑みを浮かべながら)テメェと会って何年だ!? え!? 知ってるか!? お前と初めてやり合ってから、35年だぞ(※大拍手)。いままで俺と何回闘った!? あ!? 永田よ…お前にひとことだけ言っとく。今日のお前の攻撃はな…………ハハハハハハハッ! ひとつも痛くねぇんだよ! バーーーカ!! (※これを聞いて永田が退場すると)ハハ! さっさと帰りやがれ、このゴミクズ野郎!(※大拍手) だから言ってんだろ、パチパチパチパチ、うるせぇってよ。オイ! 俺にはやることがあんだよ。俺は、次にいくぞ。(※人差し指をかざし)……内緒(※と言い残してリングを降りる)」

<引用元:新日本プロレス>

 

試合の激しさとは裏腹に、時折見せる秘めた思い。

このギャップが、私達ファンには2つの憶測がよぎります。

 

永田裕志の決断はIWGP?それともまさか引退?

新日本プロレスは21年ぶりの神宮球場大会を開催し盛り上がっています。

21年前の神宮球場大会のアーカイブも紹介されますが、残念ながら永田裕志選手は試合が組まれていません

これには永田裕志選手も悔しさの気持ちを滲ませています。

 

 

もう一度IWGPヘビー級獲りへ?

プロレスラーとしてビッグマッチに出場できないのは、悔しい気持ちがあるはずです。

新日本を支えた永田裕志選手ですから、もう一度IWGPヘビー級選手権へ挑戦を表明するのではないかと考えられます。

 

付き人当時のEVIL選手の画像

 

EVIL選手はかつて永田裕志選手の付き人をしていましたので、EVIL選手が神宮球場で内藤哲也選手から見事防衛したら、永田裕志選手がかつての付き人からIWGPヘビー級を獲りに動く、sんな決断の可能性があります。

 

まさかまさかの「引退」?

「新日本プロレス最年長52歳」と、ツイートで毎回呟くワード。

盟友・中西学さんは53歳で引退をしました。

小島聡選手はかなり年下のエルデスペラード選手にラリアットを馬鹿にされるKOPW2020。

 

>>小島聡のラリアット以外の必殺技、知ってる? 9つの技と幻の技4選

 

悲しいくらいの時代の移り変わりを感じざるを得ません。

 

ヤングライオンとのタッグマッチでは、指導のような試合にも感じ、永田裕志選手の潮時が近づいていることも肌で感じます。

考えたくは無いですが、ファンの中には「前向きな決断であることを」としているツイートも見られます。

これは、「引退」という、ファンが一番聞きたく無い決断だと信じたくない気持ちも透けて見えます。

 

永田裕志選手、まだまだ行けます!

IWGPヘビー級へもう一度挑戦しましょう!

プロレスマニアが嬉しい!屈指のプロレスブログランキングはこちらのタナからですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

人気ブログランキング

まとめ

この記事をざっくりまとめると、

  • 永田裕志選手が大きな決断をしたことをツイートした
  • 鈴木みのる選手との激闘など、激しい試合と何か意味深とも取れるツイートとのギャップが大きい
  • 大きな決断とは、もう一度IWGP獲りへ動くのか、まさか引退を考えているのか気になる

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスワールドはテレビの大画面で見ませんか?

え!?もしかして新日本プロレスワールド(NJPW WORLD)を、まだスマホやタブレットで見てませんか?((((;゚Д゚)))))))

新日本プロレスの激闘は生観戦が一番ですが、お家で楽しむならやっぱり大画面です。

 

新型コロナウイルスなど、自粛を求められる機会も多く、できることならお家時間も最大限に楽しみたいですよね。

地上波の「ワールドプロレスリング」のように、新日本プロレスワールドの配信をテレビの大画面で楽しみませんか。

 

スマホの充電切れや突然の着信に、イラッとすることは無くなりますwww

気になる方はボタンをクリックしてください↓↓

新日本プロレスワールドをテレビの大画面で視聴する方法はこちらです

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください