新日本プロレス

【WK14】新日本東京ドーム大会全カード 棚橋弘至のいない1・4はニュージャパンランボー?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2020年1月4日・5日に初の2連戦となる新日本プロレス東京ドーム大会「レッスルキングダム14」の全対戦カードが発表された。

豪華試合の数々ではあるのだが、いつもの東京ドーム大会との違和感も感じる。

発表の裏に隠された衝撃や、1・4(イッテンヨン)の前哨戦感と棚橋弘至について確認してみよう。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 

新日本プロレス大会東京ドーム「レッスルキングダム14(WK14)」全カード発表


新日本プロレス東京ドーム大会「レッスルキングダム14(WK14)」の全対戦カードが発表された。

 

詳細は公式サイトで確認して欲しいが、

 

2020年は初の2連戦となることもあり、2日合わせて16試合が予定されている。

まさに、新日本プロレスが自信をもってファンに届けたい16試合・・・とは感じなかったのは私だけだろうか。

 

はっきりいえば、2日間に別れたことで、内容が薄まった気がする。

 

獣神サンダー・ライガーの引退試合2戦や、IWGPヘビー&インターコンチの2冠戦は予定されていたため、予想通り(予定通りであったが)、急遽決まったIWGP USヘビーのアーチャーVSモクスリーなど急遽発表された試合もあり、ファンの気持ちがついていっていない試合とも言えるかもしれない。

 

イッテンヨンが前哨戦に


上述のIWGPヘビー&インターコンチは1・5の2冠戦をフィナーレとするため、1・4の結果だけでは正月を迎えたとはいえない。

また、獣神サンダー・ライガーの引退試合も真の引退試合はやはり、1・5であろう。

 

また、1・5に組まれたNEVER無差別級やブリティッシュヘビー級についても1・4で8人タッグマッチによる前哨戦が行われるため、2日まとめてイッテンヨンと自らに訴えてみるが、歴史ある1・4ドームが変わりゆく姿を衝撃と呼ばずにはいられない。

 

かなり層も熱くなっており、仕方ない部分もあるが、1日でギュッと凝縮されていた平成の東京ドーム大会が好きだった私には、順応するのに少し時間がかかるかもしれない。

 

そもそも来年も2連戦なのだろうか。

 

レッスルキングダム落選組の選手たちと1・4にいない棚橋弘至

悲しいことに、2日間の開催ながら、1試合も組まれていない選手もいる。

 

棚橋弘至やウィル・オスプレイですら、1試合しか予定されていない。

棚橋弘至は1・5のみの出場のため、正確には1・4の連続出場記録は途絶えたことになるのだろうか。

 

もしかしたら第0試合のニュージャパンランボーに出場するのではとも噂されているが、それはそれで悲しいような見たいような複雑な気持ちだ。

 

 

ヤングライオンは致し方ないところもあるが、以下の選手らは悔しい思いや納得いかないところもあるのではないだろうか。

 

  • 永田裕志
  • 中西学
  • 小島聡
  • 天山広吉
  • 真壁刀義
  • 本間朋晃
  • 柴田勝頼

 

令和初の東京ドーム大会だが、平成を支えた第3世代が一人も出ないのはやはり寂しい。

 

最近の小島聡選手のツイッターにはファンとしては寂しさを感じるツイートも散見されていた。

 

 

小島聡の「行っちゃうぞバカヤロー」や永田裕志の白目をオーロラビジョンでまた見たいものだ。

 

ファンの反応

 


 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログが上位席巻しているブログ村はこちらです。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください