新日本プロレス

EVILと高橋ヒロムの約束が熱くて感動!IWGP戦で見たい1つの技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

7・25名古屋大会でIWGP二冠王座戦を争うEVIL選手と高橋ヒロム選手の約束をしっているでしょうか。

二人ともヤングライオンだった時代に交わされた約束が、形を変えた絆としてIWGP二冠戦で実現することになり、感動の約束に注目が集まります。

この記事では、

  • EVIL選手と高橋ヒロム選手が交わした約束についてわかります。
  • 2人の絆を表したEVIL選手のある行動がわかります。

 

EVILと高橋ヒロムの約束が熱くて感動!IWGP戦で見たい1つの技

EVIL選手と高橋ヒロム選手は7年前に将来の熱い戦いの約束をしています。

そして、その約束が果たされるのが、7・25名古屋大会となるわけです。

元々ロスインゴのEVIL選手と現ロスインゴの高橋ヒロム選手の対戦は元同門対決以上のドラマがあります。

 

高橋ヒロム選手自身もツイッターで振り返る7年前の約束は、現在の二人のキャラからは想像もつかない熱い絆の約束です。

 

EVILと高橋ヒロムの7年前の約束と逆エビ固め

EVIL選手と高橋ヒロム選手の約束は7年前に遡ります。

2013年6月9日・後楽園ホール大会の第二試合。

 

永田裕志&×渡辺高章(現・EVIL)VS 中西学&○高橋広夢(現・高橋ヒロム) 09分18秒  逆エビ固め

 

たった10分足らずのタッグマッチ、ですが、これが野毛道場でも仲が良く切磋琢磨しあった二人の約束をしあった試合です。

 

 

この試合を最後に海外遠征に出発する高橋広務選手と渡辺高章選手の様子を公式サイトでは以下のように紹介しています。

 

高橋「俺は!! 新日本プロレスが大好きです!! 俺は!! 新日Jr.が大好きです!! いまはまだ、この新日本プロレスの闘いに、まったくついて行けない自分が凄く悔しくて、でも、俺は絶対に諦めない。絶対に諦めない! その心だけは誰よりも持っているはずです!(※大拍手&広夢コール) 俺は無期限で修行しに行きますけど、俺がこのリングに! 新日本プロレスのリングに帰って来たときは、IWGPを巻いて、ゴールデンタイムで試合する夢を、必ずかなえます!! みなさん、応援よろしくお願いします!! ありがとうございました!!」

これで場内が大「広夢」コールに包まれ、高橋は後輩の渡辺と抱き合う。両者の顔は涙でクシャクシャとなった。

 

そして、バックステージでのコメントが熱すぎて感動モンです!

 

高橋「リング上で喋ったことが、すべてです。俺の夢は、IWGPジュニアヘビーのシングルを腰に巻いて、ゴールデンタイムで試合をすることです。俺達の力で絶対、この夢叶えてみせます! 最後に一言だけ。渡辺高章! 絶対、帰ってきたら、もっともっと熱い試合しようぜ! オマエとなら出来るよ!! 俺は、新日本プロレスの生え抜きのヤングライオンとして、ここまでがんばれたことを誇りに思います。ただ、結果がついてこなかった。そこだけが俺は、悔やむべきところ。だから、俺は必ず強くなって……強くなったら、必ず帰って来ますから! それまでは、何年いようが関係ないです! 自分が強くなったと確信したときに、ベルトを巻けると思った時にこのリングに帰って来ます! 最高の、ヤングライオンとしての3年間でした」
※中西はノーコメント

永田「ん? ……泣いてんのか?」
渡辺「(涙を浮かべながら)ハイ。すみません……!」
永田「いいんだよ。思いっきり泣け!! あふれた感情はな、リング上で吐き出せばいいんだよ!」
渡辺「ありがとうございます!」
永田「おまえらのぶつかり合いは、ファンの胸に響いてるよ。だから、そういうものが胸に帰ってきたんだよ。……しかし、このリングはいいよ! 俺もひさびさに帰ってきたけど。新日本のリングは最高だよね。俺は、準備万端で帰ってきたよ。だから、“あの男”も早く、帰って来い! 以上!」
※先に控室へ
渡辺「ありがとうございました! (涙を浮かべて)……広夢さんには、俺が入門のときから、凄くお世話になっていて! 俺の中でかけがいのない先輩で、あの人がいなかったら、いまここでレスラーをやっていないと思う! (涙をかみ締めて)。それぐらい、感謝してるし、尊敬してる! ずっと練習も食事も、一緒にがんばってきた! だから、今日は絶対に、アイツから3カウント獲って、送り出してあげたかった! 最後、獲られてしまって、借りができた分は、必ず、アイツが帰ってきたときに、俺が獲り返す。……今日は、このカード組んでもらって、ありがとうございました。俺がもし海外から帰ってきたときにはアイツとやらしてほしい。それぐらいアイツには、いろいろな思いがある。以上です! ありがとうございました!」

<引用元:新日本プロレス>

 

永田選手の温かい言葉も素敵ですし、EVILと同一人物とは思えない渡辺高章選手の涙も素敵です。

あの日のフィニッシュホールドとなった「逆エビ固め」がIWGP二冠戦で出るのかどうかも気になりますね。

 

>>高橋ヒロムの左肩負傷が悪化する7つの時系列動画が痛々しすぎる!

EVILと高橋ヒロムの絆を表すある行動。なぜ裏切ったのか?


そして、EVIL選手と高橋ヒロム選手の絆を表すエピソードはロスインゴ時代にもみられます。

高橋ヒロム選手が首の負傷で欠場していた期間、イメージカラーである赤を髪型に取り入れています。

 

ファンには有名なエピソードですが、二人の絆を示すには十分です。

 

それでは、なぜEVIL選手はロスインゴを裏切ったのか、この結論を考えても余りある二人の絆。

ファンの目はロスインゴ同門対決といえば、内藤哲也VS高橋ヒロムと決まっていました(特に2〜3月ごろ)。

しかし、EVIL選手や高橋ヒロム選手にとっては内藤哲也よりもある意味、掛け替えのない対戦相手だったことは間違いありません。

 

世間はコロナ禍となり、状況が刻々と変化する中、EVIL選手のバレットクラブ入り。

EVIL選手にしてみれば、内藤哲也選手やロスインゴを裏切ることで必ず、高橋ヒロム選手が出てくることは予測できていたことでしょう。

 

つまり、ロスインゴ同士では実現させにくいあの日の約束を守るためには裏切るしかなかったという結論が導き出せます。

 

まとめ

↓↓もっと面白いブログが読める!プロレスブログランキングはこちら↓↓ᕦ(ò_óˇ)ᕤ  

プロレスランキング

この記事をざっくりまとめると

  • IWGP二冠戦でEVILと高橋ヒロムが対戦する
  • 二人には7年前の高橋広夢壮行試合で交わした約束がある
  • ロスインゴ時代にもその絆はあったが、高橋ヒロムとの対戦を実現させるために裏切った可能性もある

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスワールドはテレビの大画面で見ませんか?

え!?もしかして新日本プロレスワールド(NJPW WORLD)を、まだスマホやタブレットで見てませんか?((((;゚Д゚)))))))

新日本プロレスの激闘は生観戦が一番ですが、お家で楽しむならやっぱり大画面です。

 

新型コロナウイルスなど、自粛を求められる機会も多く、できることならお家時間も最大限に楽しみたいですよね。

地上波の「ワールドプロレスリング」のように、新日本プロレスワールドの配信をテレビの大画面で楽しみませんか。

 

スマホの充電切れや突然の着信に、イラッとすることは無くなりますwww

気になる方はボタンをクリックしてください↓↓

新日本プロレスワールドをテレビの大画面で視聴する方法はこちらです

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください