新日本プロレス

EVILと渡辺高章の髪型・髪色画像12選 ダークネスな後ろ髪アレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスの新たなIWGP二冠王となったEVIL選手。

ヤングライオン時代の本名・渡辺高章時代から様変わりしてきた髪型髪色を振り返ります。

 

この記事では、

 

  • EVIL〜渡辺高章時代までの髪型や髪色が画像でわかります。
  • 意外な髪型(特に後髪)へのこだわりがわかります。
  • バレットクラブ 入りで印象が変わったもう一つの原因(アレ)がわかります。

 

EVILと渡辺高章の髪型・髪色画像12選 ダークネスな後ろ髪アレンジ

 

新日本プロレス・暗闇のIWGP二冠王となった、”THE King of Darkness” EVIL選手。

翌日の会見でも言っていた通り、最も「刈り時」だった、制御不能のカリスマ・内藤哲也選手から反則を駆使しながらも勝利をもぎ取り、一躍時の人に。

 

多くのファンが「まさか」と思ったのではないでしょうか。

2007年以降に新日本プロレスに入門した選手としては、オカダカズチカ選手に次ぐIWGPヘビー級王者となります。

 

今まさに旬の、EVIL選手ですが、やはり目を惹かれてしまうのは、その風貌。

特に海外武者修行からの凱旋帰国後は”THE King of Darkness”として、黒を基調としたコスチュームに闇の帝王の名の通り、髪型も独特です。

 

ヤングライオン時代の渡辺高章選手の頃からの髪型を画像とともに振り返って行きます。

 

EVIL選手に続きロスインゴ裏切り疑惑が浮上しました↓↓

>>え!BUSHIもロスインゴを裏切り?3枚の意味深画像と鷹木信悟の疑惑

 

EVIL〜渡辺高章の髪型・髪色画像10選

それでは、EVIL選手の髪型と髪色を振り返って行きましょう。

渡辺高章(ヤングライオン時代)


ヤングライオン時代は、当然ながら派手ないで立ちではありません出したので、短髪・ひげ無しのザ・ヤングライオンでした。

ヤングライオンとして後輩も入り、めきめき成長中だった2012年ごろには現在の髪型のルーツとも言える、後ろ髪を伸ばしはじめています。

 

優しい性格と、風貌も特に目立つ方ではありませんでしたので、入門当時から知っているファンにとっては今回のIWGP二冠王は感慨深いものがこみ上げてくるのではないでしょうか。

 

渡辺高章(海外武者修行時代)


海外武者修行時代は、もうほぼ今のEVILに近くなっています。

髪色こそ黒髪のままですが、ひげをたくわえEVILの原型が出来上がっています。

 

パレハとしての凱旋帰国直前には一部金髪になっています。

表情のあるEVILですねwww

 

EVIL(L.I.J)

内藤哲也が結成したL.I.Jの最初のパレハとして姿を表したのが、海外武者修行を終えて凱旋した渡辺高章選手でしたが、この後すぐにEVILと改名します。

髪型はサイドを刈り上げて、頭頂部から後頭部にかけて長髪ですが、試合の邪魔にならないようにか、前髪はオールバックで後ろで束ねたり、編み込むことで試合の妨げにならないようになっています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shooting and… #evil #everythingisevil #kingofdarkness #hairstyle

King of Darkness EVIL(@kingofdarkness_evil)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

#evil #everythingisevil #kingofdarkness #colorful #hairstyle

King of Darkness EVIL(@kingofdarkness_evil)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

#evil #kingofdarkness #everythingisevil #hairstyle #dita

King of Darkness EVIL(@kingofdarkness_evil)がシェアした投稿 –

高橋ヒロム選手が欠場中には、髪色に赤を入れていたこともありました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#evil #everythingisevil #hairstyle #kingofdarkness #dita

King of Darkness EVIL(@kingofdarkness_evil)がシェアした投稿 –

 

こうしてみると、サイドを刈り上げ、髪の毛のアレンジした髪型を5年以上続けており、けっこうなこだわりがあることが分かりますね。

EVIL(バレットクラブ )

新型コロナウイルスによる休業期間を経て姿を表したのは、衝撃のバレットクラブ 入りしたEVILです。

髪型自体はサイドを刈り上げたスタイルは変わらないものの、後ろでの束や編み込みはなく、まさかのさらさらストレートヘアーです。

ピンクの髪色もこれまでなかった色ですので、新しいEVIL感は出ています。

 

余談ですが、パレハ・ディック東郷との2ショットは髪の長さこと違えどそっくりですね。

 

>>EVILのコスチューム画像6選!不評のヒラヒラからカラフルタイツまで

バレットクラブ 入りし目の下のクマが無くなった

バレットクラブ 入りし最初に目がいってしまうのは、肩まで下ろしたロングヘアーですが、よく見ると目のしたのクマが無くなっています。

凱旋帰国し、自分自信を日本のファンに強く印象つけるためにこだわっていたのかもしれません。

 

しかし、IWGP王者となり強さの象徴を手に入れたことで、キャラを印象つける”小細工”は必要なくなったと言いたいのかもしれません。

 

 

髪型も含め、クマもロスインゴ 時代との差別化を図りたいと言う気持ちが透けて見えます。

高橋ヒロム選手とのIWGP戦は、内藤・オカダ時代からさらに新しい世代へ移行しつつあることを実感せざるを得ません。

Darknessの一つの象徴であったクマが無くなり、いつ渡辺高章に戻ってもおかしくはないでしょう。

 

プロレスマニアが嬉しい!屈指のプロレスブログランキングはこちらのタナからですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

人気ブログランキング

まとめ

この記事をざっくりまとめると、

 

  • EVILがIWGP二冠王者となり、髪型や髪色に変化があった
  • 渡辺高章時代は黒髪短髪であったが海外武者修行時代にEVILの原型はできていた
  • 目の下のクマや髪型などロスインゴ時代のEVILと差別化を図りたいのかもしれない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスワールドはテレビの大画面で見ませんか?

え!?もしかして新日本プロレスワールド(NJPW WORLD)を、まだスマホやタブレットで見てませんか?((((;゚Д゚)))))))

新日本プロレスの激闘は生観戦が一番ですが、お家で楽しむならやっぱり大画面です。

 

新型コロナウイルスなど、自粛を求められる機会も多く、できることならお家時間も最大限に楽しみたいですよね。

地上波の「ワールドプロレスリング」のように、新日本プロレスワールドの配信をテレビの大画面で楽しみませんか。

 

スマホの充電切れや突然の着信に、イラッとすることは無くなりますwww

気になる方はボタンをクリックしてください↓↓

新日本プロレスワールドをテレビの大画面で視聴する方法はこちらです

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください