新日本プロレス

SANADAがWTL日程変更要望の理由 IWGPタッグがIWGPヘビー級より格上になるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスで開催中のワールドタッグリーグ2019(WTL2019)で、優勝候補の筆頭とみられている、L.I.JのSANADA・EVIL組。

 

優勝決定戦へコマを進めるのは確定的とみられているが、SANADAがメディアの前で(新日本プロレスに対し)ワールドタッグリーグの日程変更を要望したようだ。

 

要望の理由があまりにも的を得ていて、同感のファンもかなりいたのではないだろうか。

新日本プロレスの戦略を考えてみると、これが想像以上に難しい問題にも感じる

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらSNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

 

SANADAがワールドタッグリーグの日程変更要望の理由

 

開催中のワールドタッグリーグ2019の優勝候補でもあるL.I.JのSANADA・EVIL組。

残すは最終戦の広島大会を残すのみとなっており、タマ・トンガ&タンガ・ロア組とジュース・フィンレー組が追いかけている状況。

 

しかも最終戦が、そのジュース・フィンレー組との公式戦ということもあり、ここで負けると優勝決定戦へもつれ込む可能性がある。

 

そのSANADAがワールドタッグリーグの日程変更を要望したようだ。

 

ファンとしてもなんとなく感じていた違和感。

しかし、目前に東京ドーム大会を控えているだけにメインイベントやメインイベント級のビッグマッチを控えている選手のカードには影響が出ないようにしたいという新日本プロレスの考えもごもっとも。

 

SANADAが4強としているのは、すでにレッスルキングダムでIWGPヘビー級、IWGPインターコンチネンタル選手権の試合が決定している、オカダ・カズチカ、飯伏幸太、ジェイ・ホワイト、内藤哲也の4人。

 

棚橋弘至はクリス・ジェリコとの特別試合が決定はしているが、ノンタイトル戦のせいなのかリーグ戦には参加している。

 

 

SANADAの言う要望の理由はシンプルで、上記4強が不在のタッグリーグで優勝して本当の最強タッグチームと呼べるにふさわしいということである。

 

東京ドーム決定組との格差はIWGPヘビー級とIWGPタッグの格差とイコールか


かつて、約20年以上前に全日本プロレスで開催されていた、世界最強タッグリーグ戦では現在では考えられないシステムが導入されていた。

 

世界最強タッグリーグ戦開幕戦で、当時のタッグチャンピオンチームは王座を返上しリーグ戦に参加していたのである、

つまりどんなに長くても1年以上世界タッグ王座を保持することが出来なかったのである。

 

良い方向に考えれば、挑戦権を待たずに、優勝して世界タッグ王座にもつくチャンスが多くのチームに与えられると言うことにもなるが、チャンピオンチームとしてはなんともいたたまれない気もする。

 

しかし、このシステムで誕生したのが、三沢光晴の5冠王であった。

武藤敬司選手も2001年に、全日本プロレスの5冠に加え、IWGPタッグも保持し6冠王となった。

 

両選手とも当時の強さと人気は本物であったし、シングル王座とタッグ王座をもつ選手はやはり「最強」であろう。

 

ただ最近は、新日本プロレスはとてもシングル王座を大切にしている(重視している?)

そして東京ドーム大会をとても大切にしている。

経営の面でもそれは当然だろうし、これは他の団体も同じである。

 

東京ドーム大会に、シングル最強、ジュニア最強、タッグ最強を盛り込みたいのである。

 

しかしこの考えがシングル王者たちがタッグリーグに出れなくなる最大の理由でもある。

1選手が2つ以上のベルトを保持すると、同大会で何かを削らなければならないからである。

そうなると、シングル王座に関連する選手を第一に優先して、タッグリーグから外す。

 

つまりこの考えは、タッグ王座はシングル王座より格下、という裏読みされてしまう可能性もある。

 

 

まずタッグ王座がドームのメインになることはないし、アントニオ猪木が掲げた「一番強い男」を証明するにはIWGPヘビー級が一番であろう。

 

しかし、どのスポーツや格闘技にもない「タッグマッチ」というプロレスにしかない試合形式は大切にするべきであり、タッグマッチで輝く選手も多い。

 

ちなみに私は、シングルではイマイチでもタッグに強いチームが大好きだ。

 

過去にもっとも好きだったのは、後藤達俊・小原道由組である笑。

 

蝶野正洋に「負け犬」とまで酷評された2人だが、タッグでは王者になった。

逆に、最強だとは思うがあまり好きではないのは、王者クラスの選手同士のタッグ。

 

例えば、nWo時代の蝶野正洋・武藤敬司組や、超世代軍の三沢光晴・小橋健太組、スタンハンセン・ベイダー組などだ。

ある意味反則笑

 

IWGPヘビー級に手が届いていないSANADAは、現時点ではどちらかと言うと、タッグ屋の印象というファンが多いのではないだろうか。

 

話を戻すが、仮にSANADA選手が要望した、東京ドーム大会以降にタッグリーグを開催したらどうなるのか。

IWGPヘビー級チャンピオンやIWGPインターコンチネンタルチャンピオン、IWGPジュニアヘビー級チャンピオンも含めたまさにワールドタッグリーグと呼べるにふさわしい内容になるだろう。

 

しかし、G1クライマックス優勝者が東京ドームでのIWGPヘビー級挑戦権を獲得するように、ワールドタッグリーグ優勝チームが東京ドームでの挑戦権を獲得とはならないだろう。東京ドーム開催までに期間が空きすぎる。

 

やはり、シングル王座もタッグ王座もジュニア王座も全てを東京ドームに向けてリーグ戦を開催するのは難しい。

 

高橋ヒロムとウィル・オスプレイはジュニアをドームのメインにと、希望しているが考えは同様にIWGPヘビー級とIWGPジュニアヘビー級の格差を感じているのは言うまでもない。

 

https://njpwlove.com/206.html

 

 

高橋ヒロムが「対ヘビー級」を打ち出し、ウィル・オスプレイらと行動をおこそうとしているがタッグも試合内容でヘビー級を超えてファンは組織にIWGPタッグはIWGPヘビーの格下ではないことを訴えかけていくしか現状ではないのかもしれない。

 

 

プロレスマニアが嬉しい!屈指のプロレスブログランキングはこちらのタナからですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

人気ブログランキング

参加チームでも格差あり?


ワールドタッグリーグ内のチームにも目をむけてみよう。

 

実はこの参加チームにも私は格差を感じている。

例えばワールドタッグリーグ2019の参加チームのうち、普段からタッグを組んでいるチームといえば、

 

  • SANADA・EVIL
  • タマトンガ・タンガロア
  • 真壁刀義・本間朋晃
  • 永田裕志・中西学
  • 天山広吉・小島聡

 

などがあげられる。

 

しかし新日本プロレスのタッグリーグといえば、急造タッグも名物である。(?)

 

  • 棚橋弘至・トーアヘナーレ
  • KENTA・高橋裕二郎
  • 鷹木信悟・テリブレ
  • タイチ・ザックセイバーJr

 

ただ、ヘナーレのようにブレイクする選手や、タイチ・ザックのように意外な好チームも誕生することもあるので、これはこれでいいと思うが、優勝候補とはなりにくい傾向。

 

これは、ワールドタッグリーグの前々身でもあるSGタッグリーグでは今よりも顕著だった。

スコット・ノートン・木戸修組という奇跡のタッグもあった。

 

前身でもあるG1タッグリーグで幾分急増タッグは減ってはいたが、でもまだ急増タッグはある。

 

今回であれば、特に棚橋弘至選手やKENTA選手などシングルでも十分強い選手がタッグチームに恵まれないのはなんともかわいそうである。

 

このチーム間の実力の格差もなんとかして欲しいものだ。

 

 


 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらSNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください