新日本プロレス

上村優也のNJC2020で鈴木みのると対戦実現への期待「確実にビビる」#njcup

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスNJC2020一回戦を控えた上村優也選手と鈴木みのる選手が同じブロックにいます。

コロナ終息前にプロレス王・鈴木みのる選手に立ち向かったヤングライオン・上村優也選手の姿は忘れられません。

 

この記事では、上村優也選手と鈴木みのる選手の対戦はNJCで実現するのか迫っていきます。

 

上村優也のNJC2020で鈴木みのると対戦実現への期待「確実にビビる」

新日本プロレスが再開し早速NJC2020の初日が終わりました。

今回のトーナメントは、下記のようにかねてより意識しあっていた同士の対戦や注目のリベンジマッチが多く組まれています。

 

  • オカダ・カズチカvs邪道
  • 鷹木信悟vsSHO
  • 永田裕志vs鈴木みのる
  • 小島聡vsEVIL
  • 棚橋弘至vsタイチ
  • 飯伏幸太vsザック・セイバーJr.

 

そして、二回戦以降でも注目の対戦になる可能性を含んでいます。

 

早速決定したのが、高橋ヒロムvs矢野通

高橋ヒロム選手がヤングライオン時代に当時バリバリのヒールだった矢野通選手に髪を切られたまさに事件のような試合。

 

 

現在ならなんらかのコンプライアンスに引っかかってしまいそうwww

そして、私がぜひ実現を願っているのが準々決勝で対戦の可能性がある上村優也vs鈴木みのるです。

 

プロレス王に奇襲を仕掛けた上村優也

上村優也選手と鈴木みのる選手といえば、コロナ自粛に入る前の2月の後楽園ホール大会。

 

それまでは特に大きな遺恨もなかった8人タッグマッチが上村優也選手の試合開始前の鈴木みのる選手への奇襲攻撃で白熱した試合と180°変化しました。

返されても返されても鈴木みのる選手へ突っかかっていく上村優也選手に会場も白熱。

もっともテンションが上がったのは鈴木みのる選手。

まるでいいおもちゃを見つけたとばかりに笑いながらいたぶる展開に。

しかし試合には敗れたものの上村優也選手の目は死んでおらずバックステージでも挑戦表明をしていました。

 

その試合についてはこちらで。

【新日本】上村優也が鈴木みのる奇襲の理由と鈴木軍入りの予感 シングルマッチが見たい(#njroad)

 

あいにく、コロナ自粛のためその後対戦がなくなってしまったものの、ファンタスティカマニアでもBOSJへの出場を訴えるなどシリーズ毎にアクションを起こしていた上村優也選手。

まさにその想いが実ったかのようなトーナメントのブロック分けと言えます。

 

上村優也が鈴木みのると対戦するには

上村優也vs鈴木みのるが実現するには共に2回勝つ必要があります。

 

鈴木みのる選手は初戦が永田裕志選手、そして二回戦にはオカダカズチカ選手が勝ち上がってくる可能性が高い。(ただ、外道クラッチの番狂わせの可能性の匂いもぷんぷんするwww)

 

 

一方の上村優也選手は初戦を鈴木軍のベテラン・金丸義信選手、二回戦はゲイブリエルキッドvs石森太二の勝者との対戦となりますが、他のブロックと見比べてもヘビー級の強豪がおらず、千載一遇のチャンスと言えます。

もちろんヤングライオンの上村優也選手にとっては勝ったことのない相手だけに容易に勝利をもぎ取ることはできないものの、コロナの間に体を大きくし、無観客試合初日には解説のライガーさんらを驚かせたそのパワフルではちきれそうな肉体ならきっと奇跡は起こるのではないかと信じてもいいと思います。

 

 

実際に対戦相手の金丸義信選手が上村優也選手の攻めに怯んでいたようにも見えて、チャンスはあります。

 

 

これは、上村優也選手がリツイートした記事ですが、付き人としてお世話をしている永田裕志選手の記事ではありますが、鈴木みのる選手へのリベンジも裏では燃やしているのではないかと思えてなりません。

 

タッグマッチ後のコメントも

 

「最後のパイルドライバーが凄い突き刺さって、首がちょっと……。まあ、でも明日には治ってると思うんで。もうわかりました、もう。反則はもうわかったよ。いつも反則してんだったら、たまには正々堂々とやるのもおもしろいんじゃないですか、金丸さん。それを明日やってください、僕と。格下の相手に反則して勝ってもカッコ悪いだけでしょう。今日、あの人をビビらすことができたかどうかわからないですけど、明日は確実にビビることになると思います。今までの僕じゃないんで、まだ出してない技だっていっぱいあるんです。それが出ればわからないです。とりあえず、1回戦勝つために全力注ぎます。ありがとうございました」

 

あまりにもたのもしすぎますね。

 

まとめ

この記事をざっくりまとめると、

 

  • 上村優也と鈴木みのるがNJC2020で同じブロックにエントリーされている
  • 2月のリベンジを果たすためには両者とも2回勝つ必要がある
  • 鍛え上げられた体とコメントからは、上村優也選手への期待が高まる

 

マニアを唸らせるプロレスブログランキングはこちらですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログが上位席巻しているブログ村はこちらです。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください