プロレスリング・ノア

エムズアライアンスのメンバー候補が強すぎる!イニシャルMのプロレスラー#noah_ghc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロレスリング・ノアの6・14TVマッチで急遽浮上した新ユニット・エムズアライアンス(M’s alliance)ビッグネームばかりの注目のユニットとなりそうです。

この記事では、 エムズアライアンス メンバー候補や過去に武藤敬司選手が所属した超党派ユニットを振り返ります。

 

※サムネイル画像はプロレスリング・ノア公式ツイッターより

エムズアライアンスのメンバー候補が強すぎる!イニシャルMのプロレスラー

6・14プロレスリング・ノアのTVマッチで、注目の初対決となった、天才・武藤敬司選手とスーパーノヴァ・清宮海斗選手の6人タッグマッチ。

アベマで無料配信もあった事から、多くの視聴者が見た事でしょう。

 

ベテランの武藤敬司選手の奥深さと実力の差をまざまざと見せつけられた試合でした。

 

清宮選手としては、これまでは打てば返ってくるバチバチの試合が多かったと思いますが、はじめてのタイプの選手、しかも天才・武藤敬司という事で、自らの不甲斐なさを滲ませています。

 

武藤敬司vs清宮海斗とオカダカズチカの実現可能性と感じる3つの事#noah_ghc

 

そして、試合以上に気になったのが、バックステージでの武藤敬司選手らにより急遽結成の運びとなったイニシャル「M」のユニット。

試合後のツイッターで丸藤正道選手が「エムズアライアンス(M’s alliance)」と命名しています。

イニシャルMの著名人をあつめて、かつてのnWoを超えるようなムーブメントを起こそうというもの。

メンバーとして誰が加入するのか、非常に注目されます。

 

エムズアライアンスの新メンバーは誰?

武藤敬司選手は著名人を巻き込もうとしているようですので、プロレスラーに限らず、かつてのnWoのようなムーブメントが起きる事を期待したいですね。

 

オリジナルメンバーは以下の3人です。

  • 武藤敬司
  • 丸藤正道
  • 望月成晃

 

上記の通り、NOAH”GO FORWARD” Day2では早速、第4のメンバーがお目見えすることになりそうです。

 

いずれにしても、自身の団体でユニットに所属していない(本体・正規軍・フリー)という共通点もあります。

この共通点で、他団体に目を向けてみると、

 

  • 真壁刀義
  • 宮原健斗
  • ジョン・モクスリー
  • 鈴木みのる
  • 田中稔
  • マイケルエルガン
  • TAKAみちのく
  • モハメド・ヨネ

 

契約等の点で、困難な面もあるでしょうが、Mのプロレスラーは意外と少なくしかも強豪ばかりです。

本当に実現したら各団体を席巻することは間違い無いでしょう!

 

武藤敬司の過去の超党派ユニット

武藤敬司選手は「創っちゃ潰し」と自虐もしていますが、たしかに長続きはしていません。

過去には以下の超党派ユニットに所属しました。

 

nWoジャパン

ご存知平成プロレスで最大のムーブメントを世界中で巻き起こしたnWoです。

盟友・蝶野正洋選手の勧誘で新日本プロレス正規軍から電撃移籍したシーンは語り継がれる伝説です。

その後ムタもnWo入りし、グッズもかなり売れました。

 

私もnWoジャケット持っていました!

BATT

nWoから離脱した武藤敬司選手が、当時の全日本プロレスとまさに超党派のユニットを結成したのがBATTです。

メンバーは他に、馳浩、太陽ケア、新崎人生、ドン・フライ選手らが所属しました。

武藤敬司選手が全日本プロレスへ移籍すると共に自然消滅しています。

 

丸藤正道選手は短期間でも構わないという意思も見せていますので大きなムーブメントでプロレスを一気に盛り上げてくれるかも知れません。

 

まとめ

この記事をざっくりまとめると、

  • エムズアライアンスと呼ばれる新ユニットが結成される
  • プロレス界のイニシャルMは真壁刀義選手や宮原健斗選手など強豪選手がメンバー候補となりうる
  • 過去にはユニットを作っては潰した過去があるが、一大ムーブメントを待ち起こしてほしい。

マニアを唸らせるプロレスブログランキングはこちらですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログが上位席巻しているブログ村はこちらです。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください