レジェンド

高山善廣の現在の痩せた画像と強い意志に感動!コロナ後リハビリ再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロレスラーでリハビリ生活を余儀なくしている高山善廣選手が、コロナ後初のリハビリ再開されました。

この記事では、現在高山善廣選手の画像と、痩せた姿からは信じられないくらい強い意志でリハビリを行なっている姿をお伝えします。

 

高山善廣の現在の痩せた画像と強い意志に感動!コロナ後リハビリ再開

全身不随でリハビリ生活を余儀なくされている高山善廣選手のブログが更新されました。

 

2017年のDDTでの試合中に頸髄損傷し、その後はテレビ番組でも度々特集されていますので、プロレスファンならずとも多くの方がご存知かと思います。

 

高山善廣選手は196cm, 125kgと、日本人選手としては珍しい大柄な選手でしたが、一度寝たきり生活になってしまうと、ご本人はもちろんですが、周りでサポートする家族やリハビリスタッフの皆さんの苦労も大変なことと思います。

 

最新のブログでは、リハビリ再開したことが綴られていますがリハビリは続けていくことがとても重要ですので、一定期間とはいえ体を動かすことができなかったことは高山善廣選手のモチベーションの面でも大きな影響を与えかねません。

コロナでリハビリが中断されていた

高山善廣選手は2020年に入ってからは、退院をし自宅に近い施設で生活しています。

 

これについては高山夫人が前回のブログでも明かしていました。

 

【高山善廣】コロナ緊急事態宣言の影響が大きい『まったく動かせなく』

 

しかし、世界的なコロナ禍の状況で相次ぐジムや医療・介護施設の閉鎖(感染予防のため)などで、仕方ないとはいえ、高山善廣選手の様にリハビリを必要としている人たちにとっては、改めてコロナの影響が大きいと言わざるを得ません。

 

現在の痩せた腕に絶句、でもエアーリハビリの強い意志に感動

 

高山善廣選手といえば、その大きな体が印象的ですが、頸髄損傷してからは、(当たり前ですが)自力では体を動かすことができず、「プロレス界の帝王」というニックネームからは想像もつかないくらい弱々しい姿となりました。

 

これまでもテレビ番組などでリハビリの様子など伝えられていますが、その肉体・筋肉については首から上しか私たちの目に映ることはありませんでした。

 

しかし今回のブログでは高山善廣選手の痩せた腕が画像で確認できます。

 

ちなみに伝説のドン・フライ戦での高山善廣選手はこちらです。

 

そして、入院中にドン・フライさんがお見舞いに訪れた時です。

 

まだこの頃は(もちろん痩せてはいますが)、それほど痩せたという印象はありませんでした。

 

 

そして、今回ブログ内で公開されたリハビリの様子がこちらです。

 

高山善廣選手のリハビリの様子

 

トレーニングをできないため、筋肉が落ちてしまうのはわかっていながらもあまりの腕の細さには、けがの怖さ、リハビリの過酷さを痛感させられます。

 

しかし、私が勇気を貰ったのは、高山善廣選手の強靭なリハビリへの意志です。

 

一人でベットにいる間ずっと頭の中で、
手を開いたり閉じたり、エアーグーパー運動をしてるそうです。
エアースクワットとか、身体は動かないんだけど、ずっとイメージでエアー運動してるんだって。
メシ食ってる時と、寝てる時以外はずーっとやってるよ。
どーせ他にやるコトないし、だそうです。
確かに、、、首から下は自分で動かせないんだもんね。
でも、ケガをしてから毎日毎日、
ずっとやり続けているところが、エライ!
その意志の力がスゴイ!

<引用元:高山善廣公式ブログ>

 

ご本人は「どーせ他にやるコトない」と言っていますが、私も仕事柄、リハビリに取り組む方々を目にすることは多いですが、挫折や諦めが大きなハードルになります。

 

この強い意志はまぎれもなくプロレス界の帝王ですし、高山善廣選手がやり残した「リングを自分の足で降りる」ことをいつか実現してほしいですね。

 

ハヤブサ 選手も自らの足で数歩歩くことができる様になりましたので、きっとできると信じています。

 

まとめ

 

この記事をざっくりまとめると、

 

  • 高山善廣選手が久々にリハビリを再開した
  • 投稿された高山善廣選手の細い腕にリハビリの過酷さや頸髄損傷の怖さ・重大さを感じる
  • エアーリハビリをするなど意志の強さは「プロレス界の帝王」そのもの、きっと自分の足でリングを降りる日が来ると思う

 

マニアを唸らせるプロレスブログはこちらですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログが上位席巻しているブログ村はこちらです。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください