新日本プロレス

KENTAに学ぶSNSツイッター誹謗中傷の対処方法が正論すぎて感動#njpw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

木村花さんの死去により、著名人を含めた誹謗中傷が大きな社会問題として各報道で取り上げられています。

KENTA選手が改めてSNSツイッターや誹謗中傷の対処方法について考えを投稿しています。

この記事ではプロレスとツイッターなどSNSの関わりについて真剣に考えることができます。

 

KENTAに学ぶSNSツイッター誹謗中傷の対処方法が正論すぎて感動

木村花さんの死去が社会問題として大きな波紋を広げています。

プロレス界のみならず著名人やスポーツ選手まで多くの方々が声を上げています。

プロレスとSNSツイッターは、今では切っても切り離せませんし、プロレスラーに対する誹謗中傷も他人事ではありません。

特に2019年から2020年にかけては新日本プロレスバレットクラブのKENTA選手がツイッターを用いた選手やファンとのやり取りが良くも悪くも大きな話題となりました。

今こそKENTA選手の声に耳を傾け、プロレスとの付き合い方やプロレスラー との距離感を再確認しなければならない時だと思います。

KENTAのSNSツイッターの付き合い方が正論すぎて感動

木村花さんの死去に際し、上記のようにツイートしたKENTA選手。

自身もある意味、誹謗中傷の標的にされてきた約半年、それでもKENTA選手のツイートは正論で、匿名の誹謗中傷ユーザーやそれに類するユーザーも反論できないかと思います。

特にKENTA選手が投稿したSNSツイッターや誹謗中傷への対処方法が以下です。

さらに、このご時世下でもさらに絡んでくるユーザーに対して、

アイツ等じゃなくてお前の話だよ今。
そして○○も十分”アイツ等”側だよ。
それは自覚しておいてくれ。お前も余計な書き込みしてないで将棋してなさい。

※個人アカウント名が含まれているため○に置き換えています

と、自身の立ち位置を弁えるように声かけしています。

KENTAは誹謗中傷OK?

それでもKENTA選手にはいわゆる「クソリプ」と呼ばれるツイートが寄せられています。

木村花さんのツイッターでも問題となった捨てアカウントを作成して不快な投稿をし、いざとなったらアカウント削除するというやり方も横行しているのかもしれません。

KENTA選手は

と、言っていますが、個人的にはこれを真に受けて、「KENTAは誹謗中傷していいんだ」「○○は誹謗中傷したらいけないんだ」などと言う誤った解釈をするユーザーが出てくるでしょう。

私自身は、「絶対に正しい判断をする」という自信はありませんので、基本的に相手が不快になるような言動はしないようにしています。

相手がなんと言おうと、誹謗中傷していい人、されていい人は居ないと思います。

松本人志さんの、

これに尽きます。

まとめ

この記事をざっくりまとめると、

  • KENTAが自身の経験も含めSNSツイッターとの付き合い方をツイートした
  • 疲れたらアプリごと消すのがいい
  • 誹謗中傷していい人・されていい人は居ないと考えるべき

マニアを唸らせるプロレスブログはこちらですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください