その他のプロレス団体

鬼の秋山準復活でDDT渡瀬とヤバいシングルの予感「全て弾き返す」#DDT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DDT 渡瀬瑞基 選手とゲストコーチで全日本プロレスの秋山準選手のシングルマッチが組まれました。

まさにスターネス秋山準選手の恐い一面が久々に見れそうな予感です。

この記事では渡瀬瑞基選手に対して恐い秋山準となった経緯と理由をまとめています。

 

鬼の秋山準復活でDDT渡瀬とヤバいシングルの予感「全て弾き返す」

DDTは5・23無観客試合で渡瀬瑞基vs秋山準のシングルマッチを発表しました。

両選手は5・16 『DDT TV SHOW!#3』でタッグマッチで初対決していて、秋山準選手にとってはDDTゲストコーチになって初めての試合でした。

試合中の岡谷選手には厳しい攻めを見せながらもそのファイトを認める部分もあった様ですが、渡瀬瑞基選手に対してはキャリアと試合内容の不甲斐なさに不満を感じ、厳しい意見を出しています。

恐い秋山準になった理由

秋山準選手が渡瀬瑞基選手に対してこれほどまでに本気でゲキを飛ばしている理由は、バックステージのインタビューでも答えていますが、『高木三四郎社長から託されたコーチ』を全うするため、これに尽きます。

単純に道場での練習に帯同するのではなく、試合のリング上でしか伝えることのできないこともあるのではないかと思います。

もしかしたら全日本プロレス技術論に通ずるものがあるかもせれません。

 

【ノア】小川良成の全日本プロレス技術論ルーツは天龍源一郎とグレートカブキ#noah_ghc

 

秋山準選手といえば、全日本四天王から5強時代へ実力で変えていったトップ中のトップです。

ノアの旗揚げ戦では三沢光晴さんと小橋建太選手を連覇し、一躍主役に躍り出て、第2代GHCヘビー級王者も裁冠しています。

特にキレたら恐い秋山準の代名詞となったのはレッスルワン1回戦での柴田勝頼戦でしょう。

試合前から挑発をしていた当時若手イケイケに尖っていた柴田勝頼選手に試合冒頭顔面蹴りを受けエスケープ。

その後の場外乱闘はまさにスターネス!でしたね。

また、ノアや全日本時代でも橋誠選手や志賀賢太郎選手ら若手選手に対して厳しいゲキを飛ばす場面も多く記憶にあります。

秋山準選手自身もそう思っていると思いますが、マイクアピールし、秋山準選手の厳しい攻めを受けて、その後挫けてしまうのかしがみついていくのか、そこを見たいですね。

これまでのDDTでは経験できなかった試練の王道プロレスが始まります。

 

ファンの反応「半殺しにされるんだろうなぁ」

マニアを唸らせるプロレスブログはこちらですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

※サムネイル画像は秋山準公式ツイッターより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログが上位席巻しているブログ村はこちらです。を一位に押し上げてください!ワンぽちお願いします

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください