WWE・海外のプロレス

ASUKAがMITB2020を制して成し遂げた2つの快挙!中邑真輔からもアドバイス#WWE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WWEのASUKA選手が見事MITB2020(ラダーマッチ)を制し、王座挑戦権を得ることができました。

 

ASUKA選手がMITB覇者となったことで成し遂げた快挙をご存知でしょうか。

 

ASUKA選手ば成し遂げた2つの快挙(すごい事)を確認していきます。

 

※上部に【通常ページに戻る】ボタンが表示されている方は、押して通常ページで読むのがオススメです(画像や動画が見やすくなります)

※サムネイル画像はASUKA 公式ツイッターより

ASUKAがMITB2020を制して成し遂げた2つの快挙!中邑真輔からもアドバイス

WWEのカブキウォーリアーズ、ASUKA選手がついにMITB2020(ラダーマッチ)を制し、WWEのどの王座へも挑戦できる権利を得ました。

 

とにかく、関西弁で捲し立てるASUKA選手と、ややブック気味(?)の展開もあったものの、2階からのプランチャーやエレベータ内でのダンスなど、見せ場はいつも通りありました。

 

YouTube動画で見せる、優しげな笑顔が嘘のようですねwww

 

実はASUKA選手はこのMITB2020を制した事である2つの快挙を成し遂げたことをご存知でしょうか。

WWE女子王座タイトルを全て制しグランドスラム達成する

まず一つ目の快挙は、WWE女子選手として獲得できるタイトルや王座を全て制するのに王手したことになります(つまりグランドスラム)。

 

ASUKA選手がこれまでに獲得したタイトルや王座はこちらです。

 

WWEスマックダウン女子王座 : 1回
WWE女子タッグ王座 : 1回(with  カイリ・セイン)
ロイヤルランブル : 2018年度優勝
ミックスド・マッチ・チャレンジ : 2018年度優勝(with ザ・ミズ)
Ms.マネー・イン・ザ・バンク : 2020年
NXT女子王座 : 1回

<引用元:ウィキペディア>

 

新日本プロレスでいうなら、IWGPの各王座とニュージャパンカップやG1クライマックスの制覇といったところでしょう。

男子選手でも過去に7人しかいない(しかも超スーパースターばかり)ということで、どれだけの偉業かも計り知れません、

2015年にWWEと契約して以降、5年で確固たる立場と実績を築いてきたASUKA選手には尊敬の念しかありませんね。

 

残る王座はRAW女子王座のみでしたが、翌日、実はブリーフケースの中身はRAW女子王座のベルトだったというサプライズのドラマが生まれました。

 

 

ベッキーの妊娠発表に、ASUKAと幸せな抱擁する姿は激闘を繰り広げたライバルだからこその感動がありますね。

 

これで、正真正銘のWWE女子トップレスラーとなったASUKA選手のこれからのチャンピオンロードに期待しましょう!

MITB020、実はある恐怖と戦っていた

MITBのASUKA選手の試合運び、いつものように関西弁と思い切りのいい攻めで、さも順当にブリーフケースを獲得したように見えたかもしれません。

しかし、ASUKA選手は実はもう一つ大きな見えない恐怖と戦っていたことはあまり知られていないかもしれません。

 

それは「高さ」です。

今回のMITB2020が、初めてWWE本社ビルで開催されると決定した際に、ぽろっと漏らしていました。

 

 

高所恐怖症かどうかはわかりませんが、明らかにビルの屋上は高いですよねwww

ブリーフケースまでの道のりの遠さがわかる動画はこちらです。

 

 

中邑真輔選手からアドバイスを頂くも、しっくりこない様子でした。

 

 

対戦相手の様に、攻めることで自分に優位になることならまだしも、見えない高さへの恐怖は、さすがにEZ-PZとはいかなかったことでしょうね。

 

ASUKA姐さん、おめでとうございます!

ファンの反応

MITB2020を制したASUKA選手に対し、称賛の声が多く寄せられています。

 

 

絶対的なライバルである、ベッキー・リンチ選手が戦線離脱となり、ASUKA選手のライバルとなるのは、誰なのかこれからもWWEから目が離せませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください