プロレスリング・ノア

【関根シュレック秀樹】曲がった鼻の秘密と警察官時代のスリムな画像のギャップがすごい#noah_ghc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロレスリング・ノアで杉浦軍に所属する関根シュレック秀樹選手についてご存知でしょうか。

インパクトのある風貌と曲がったについて、警察官時代の今よりも細い昔の画像を紹介します。

荒削りなファイトながら、実力未知数の関根シュレック秀樹選手を抑えておきましょう。

※上部に【通常ページに戻る】ボタンが表示されている方は、押して通常ページで読むのがオススメです(画像や動画が見やすくなります)

※サムネイル画像は関根シュレック秀樹選手ツイッターより

関根シュレック秀樹の曲がった鼻の秘密と警察官時代のスリムな画像のギャップがすごい

プロレスリング・ノアのグローバルタッグリーグ2019から、杉浦軍の一員として参戦している関根シュレック秀樹選手。

プロレスの試合が行われないコロナ禍の状況で、無観客試合を配信で断続的に行っているプロレスリング・ノアの試合を見ているファンは多いのではないでしょうか。

普段は新日本や全日本を推しているファンもいることと思いますが、特に存在感を放っている選手の一人ですね。

 

そのモジャモジャ頭と曲がった鼻、ごつい肉体は、現在のプロレス界のトップ選手らと真逆をいくようなプロレスラーと言えますが、シュレックの名前の由来ともいえる、あの曲がった鼻の秘密をご紹介します。

 

同時期にノアに現れたこの選手も気になる方はこちら。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://njpwlove.com/1987.html]

関根シュレック秀樹の鼻は何度も骨折していた

関根シュレック秀樹選手といえば、その曲がった大きなに思わず視線がいってしまいますね。

 

関根シュレック秀樹選手はもともと警察官を職業としながらDEEPなど総合格闘技の世界で活躍していました。

総合格闘技といえば無駄な肉を削ぎ落とし、やせマッチョな印象の日本人ファイターが多い中、関根シュレック秀樹選手はヘビー級ファイターとして鋼鉄ならぬ超合金の肉体と言われていました。

 

そして、過去の歴戦の激しさの象徴があの大きな曲がった鼻です。

関根シュレック秀樹選手によればこれまでに複数回鼻を骨折しているということです。

 

後述の警察官時代の画像の時代でもすでに1回は骨折しているということですから、試合のハードヒットさがあの鼻に集約されているといえますね。

また、関根シュレック秀樹選手によれば、鼻の手術は行っておらず鼻呼吸が辛いんだそうです。

現役を終えてからの手術となると、まだまだ先になりそうですが、激しさを増すプロレスリング・ノアに身を投じ、トラースキックや膝蹴りなど鼻を狙われかねない技を受ける場面があれば、思わず目を背けてしまいそうです。

[adcode]

警察官時代の画像が細くてギャップがすごい

また、関根シュレック秀樹選手は、自ら「まだ曲がっていない」警察官時代の画像を過去に投稿しています。

今とギャップがありすぎる当時の画像がこちらです。

今の関根シュレック秀樹さんとは表情は面影が残るもののあまりにも別人のように細いですね。

昔からゴツかったわけではないんですねwww

プロレスリング・ノアではまだプロレス慣れしてない(?)ような展開もしばしば見られますが、4・19TVマッチでの武藤敬司&清宮海斗&田中稔VS桜庭和志&関根シュレック秀樹&鈴木秀樹の試合では、グラウンドに持ち込んだ田中稔選手に対し、アキレス腱固めやヒールホールドで切り返し、あっという間に形勢逆転した場面もありましたので、これからも随所に総合格闘技で培ったテクニックが散りばめられていくことでしょう。

まさに実力未知数のモンスターといえる選手です。

まとめ

この記事をざっくりまとめると、

  • 関根シュレック秀樹が総合格闘技からプロレスリング・ノアに戦場を移している
  • 大きく曲がった鼻は過去に複数回骨折しているため
  • 警察官時代の細かった時代でもすでに骨折を経験していたが手術は現役引退後になりそう

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1日1クリック有効です!このブログを一位に押し上げてください!ワンぽちお願いします

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください