スターダム

スターダムのコーチ・ミラノコレクションATの指導力がヤバい!新日本プロレスとの団体交流戦に現実味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年プロレスファンを驚かせた出来事の1つとしてスターダムを新日本プロレスの親会社でもあるブシロードが買収しました。

 

11月29日に行われたスターダムの新体制・戦略会見においては新日本プロレス「ワールドプロレスリング」の解説者としてもお馴染みのミラノコレクションATさんがコーチとして就任することが発表されました。

 

ミラノコレクションATさんの指導力の高さを裏付ける画像や動画を確認していきましょう。

 

この記事に共感していただけた方はSNSで拡散お願いします!

 

 

スターダム新体制戦略会見が行われる

 

2019年10月突如としてスポーツ紙で発表された新日本プロレスの親会社でもあるブシロードのスターダム買収の記事。

 

この突然の買収劇に、驚いた方や、喜んだ方など様々な影響があったことと思います。

 

私は、昨今の日本の女子プロレス界では、多くのスター選手が良いながらも、その業界の低迷ぶりが2000年代の新日本プロレスやプロレス界を取り巻く環境とダブって見えてしまうので、この買収劇は女子プロレス会にとって大きな光になるのではと期待しています。

 

そして11月29日に行われたスターダム新体制戦略会見において、その私の期待はさらに大きく膨らむこととなりました。

 

テレビ朝日「ワールドプロレスリング」の解説者でお馴染みの、ミラノコレクションATさんがスペシャルコーチとして就任することが発表されたのです。

 

 

ミラノコレクションATに期待の声

 

 

ミラノコレクションエーティーさんといえば、新しいファンにとってはワールドプロレスリングの解説者ですが10年以上見続けているファンにとっては新日本プロレスジュニア選手として活躍した“色男“ミラノコレクションATとして認識している方も多いことでしょう。

 

さらに古いファンにとってはイタリアンコネクションのミラノコレクションAT (ドラゴンゲート)として認識していることでしょう。

 

プロレスファンからはミラノコレクションATさんに対する応援メッセージや期待の声が多く上がっており、いよいよ新日本プロレスとスターダムの団体交流戦の可能性も現実味を帯びてきそうです。

 

しかし、一部のファンからはミラノコレクションATさんのそのプロレス指導力について高く評価している声も見られます。

 

 

ミラノコレクションATのプロレス指導力がやばい!

 

 

プロレスファンが、ミラノコレクションATさんの指導力を高く評価している理由としては、かつてAKB48にプロレスを指導しわずか数週間で豆腐プロレスを完成させたことが挙げられます。

 

これを機に、AKB48センターでもある松井珠理奈 さんがプロレスに目覚めアイドル界きってのプロレスファンになったことは有名なエピソードです。

 

ミラノコレクションATさんが指導した豆腐プロレスの様子がわかる動画はこちらです。

 


プロレスなんてまるっきりしたことないアイドル歌手をここまでプロレスができるように育てあげた指導力は、さすがにやばいとしか言いようがありません。

 

実際の練習風景と井上亘もトライアングルランサーを伝授

 

ミラノコレクションATさんの指導する練習風景が公開されました。

 

その練習風景がこちらです。

 

 


ドラゴンゲートにルーツをもつミラノコレクションATさんですから、ロープワークや飛び技など派手な攻防の指導が中心かと思いきや、じっくりヘッドロックやヘッドシザースなどのグラウンド技の指導は意外です(もちろんこれだけではないだろうが)。

 

しかも選手らも「これまで知らなかったプロレスの基礎」といっているくらいですから、これまで十分な基礎を指導してもらえる機会は少なかったのかもしれません。

 

基礎練習でスタミナやけがの防止など、必ず選手たちの力になることでしょう。

 

 

また、小波選手は元新日本プロレスの井上亘さんに直々にトライアングルランサーを伝授してもらうなど、新日本プロレスの伝統が続々とスターダムの選手らにも浸透していきそうな予感です。

 

 

 

プロレスマニアが嬉しい!屈指のプロレスブログランキングはこちらのタナからですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

人気ブログランキング

新日本プロレスとスターダムの団体交流戦に期待感

 

 

ブシロードがスターダムを買収した時点で、多くのプロレスファンが男女トップ団体の交流について大きな期待をしています。

 

過去に新日本プロレスが女子プロレスラーと交流した試合としては、2019年にロサンゼルスで行われた大会にまさにスターダムの岩谷麻優選手が参戦をしています。

 

古くは1995年に北朝鮮で行われたスポーツイベントで当時全日本女子プロレスの北斗晶選手らが新日本プロレスの選手らに帯同して北朝鮮で試合を行っています。

 

年に一度のお祭りイベントなど、あってもいいのではないでしょうか。

ただ、1・4東京ドームでの交流戦は、男子の試合数が減るとの理由で臨まないファンも多くいるので、時期は選んだほうがいいでしょうね。

 

年々、アメリカのWWE並みの運営に近づいている気がしますが、世界戦略と言う意味ではアントニオ猪木の意思を踏襲していると言えます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください