新日本プロレス

【新日本】永田裕志がダニエル・ブライアンの差し合い動画をバッサリ「上手ではない」#njpw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレスの永田裕志選手と中西学選手が試合前に見せていた差し合いのパフォーマンスがWWEのダニエル・ブライアン選手によって、小さなブームになりつつあります。

 

本家の差し合いとWWEの差し合いの動画の比較、そして永田裕志選手とダニエル・ブライアン選手の新日本時代について振り返ってみます。

 

WWEで永田裕志・中西学の差し合いがダニエル・ブライアンによって蘇る

新日本プロレス第三世代の名タッグ・永田裕志中西学組が試合前に見せていたパフォーマンスの一つである脇の差し合いが、今密かにWWEで蘇りつつあります。

 

WWEの人気選手であるダニエル・ブライアン選手がWWEのリング上でタッグパートナーのドリュー・グラック選手と差し合いを見せたものがツイッター上に投稿されたものです。

 

永田裕志選手といえば、盟友・中西学さんが2月に引退し、引退試合の後はコロナウイルスの影響で大会自体が中止になっており、まさかアメリカでの差し合いの復活とは誰も予想していなかったのではないでしょうか。

 

【#中西学引退】相手や第三世代に涙し試合後のブルパワーズ小島聡が面白い(#njpw)

 

永田裕志とダニエル・ブライアンの差し合い動画の比較

本家の永田裕志・中西学選手らとダニエル・ブライアン選手の差し合いの動画を比較してみましょう。

 

まずは永田裕志&中西学選手の差し合いです。(中西学さん引退試合前)

アマレス仕込みの差し合いはあまりにも自然ですね。

 

ダニエル・ブライアン選手の差し合いの動画です。

 

 

どこかぎこちなさを感じるこの動画に対して永田裕志選手が流石に納得しなかったのか

 

上手ではないとバッサリ笑

海外のフォロワーからも反響があり、

と、永田・中西組をリスペクトするツイートが多く目立ちます。

 

また、フォロワーとのやり取りからも自身の差し合いに絶対的な自信を持っているのでしょうね。

 

 

しかし、敬礼ポーズ込みの動画をみて今度は認めているようです。

 

 

永田裕志とダニエル・ブライアンはアメリカンドラゴン時代に9回試合

ダニエル・ブライアン選手といえば、1999年にLA道場に入門し、2002年にはカレーマンと共にIWGPジュニアタッグ王座を獲得しています。

もちろん、新日本プロレスの一員ということになりますので、永田裕志選手らともプライベートでも交流があったことは想像に難くありません。

 

永田裕志選手のダメ出しに対して、

 

永田さんごめんなさい!次回はもっとうまくやります!

と、ちょっとほっこりするやりとりも見られました。

 

リング上では9回試合をしたと言われていますが、WWEでこの差し合いを出したのは、新日本時代の永田裕志選手、そして、先日引退された中西学さんに敬意を表してのパフォーマンスであった可能性は高いでしょう。

 

これにより、WWEで永田裕志選手に注目が集まるかもしれませんね。

 

まとめ

↓↓もっと面白いブログが読める!プロレスブログランキングはこちら↓↓ᕦ(ò_óˇ)ᕤ  

プロレスランキング

 

この記事をざっくりまとめると、

 

  • ダニエル・ブライアン選手がWWEで永田裕志&中西学組ばりの差し合いパフォーマンスを見せている
  • 永田裕志は差し合いに愛あるダメ出しをした
  • 微笑ましく素直なダニエル・ブライアンと敬礼ポーズ込みの動画に永田裕志は「That’s great」と返した

 

マニアを唸らせるプロレスブログはこちらですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください