【新日本】新日本隊メンバー・所属選手2020最新版!SNSや私服姿画像まとめ #njpw

新日本プロレス新日本本隊

新日本プロレスの中心ユニット(軍団)である新日本本隊メンバー所属選手について2020年最新版をまとめています。

 

各選手の普段の私服姿画像SNSブログ情報についても調べていますので、推し選手が見つかればプロレス観戦をもっと楽しめることは間違いありません。

 

新日本プロレス本隊(正規軍)とは

年々盛り上がりをみせている、プロレス界において唯一の完全メジャー団体といわれる新日本プロレス

最近は人気の高まりからチケットが取れない会場が散発しています。

いざお気に入りのイケメンレスラーを目的に会場に足を運ぶファンももちろんいることでしょう。

プ女子と呼ばれる女性ファンもとても多くなりました。

とはいえ実際に初めての生観戦をすると、展開の速さや場外乱闘など迫力に驚いているうちに試合が終わり、なかなか一人一人の選手をじっくり見ることができないものです。

 

そこで、新日本プロレスに所属するレスラーをユニット(軍団)ごとに紹介していきたいと思います。

 

この記事では新日本プロレスの中心である新日本本隊(正規軍)のメンバー所属選手)にスポットを当てたいと思います。

 

新日本プロレス本隊は、その名のとおり新日本プロレスに所属する正統派レスラーが所属しています。

新日本プロレスに入団した新人選手(ヤングライオン)は最初は必ず基礎を学びながら本隊メンバーとして下積みをしていきます。

何らかのきっかけで、脱退し自らユニットを結成したり、他のユニットに移籍したりします。

 

古くはアントニオ猪木選手や藤波辰巳選手、初代タイガーマスク選手、闘魂三銃士と呼ばれた武藤・蝶野・橋本選手らが所属していました。

まさに新日本のど真ん中にあるユニットです。

いえ、ユニットというよりは、どのユニットにも所属していない選手らと言った方が近いかもしれません。

 

また棚橋弘至選手のように、デビューしてからずっと本隊選手として新日本プロレスを守っている選手もいますし、他団体から移籍して本隊に所属する飯伏幸太選手のようなレスラーもいます。

いずれにしても本隊選手はベビーフェース(正義)の選手だと認識しておきましょう。

 

新日本本隊メンバー・所属選手とSNSや私服姿の画像

それでは2020年最新新日本本隊選手メンバーを見ていきましょう。

選手のツイッターやインスタなどSNS、ブログも掲載していますので、クリックすればそのSNSに飛ぶことができます。

お気に入りの選手の私服姿画像もまとめていますので、フォローしておきましょう。

 

棚橋弘至

身長181cm

体重101kg

生年月日1976年11月13日

出身地岐阜県大垣市

血液型O型

デビュー1999年10月10日

得意技:ハイフライフロー、テキサスクローバーホールド、スリングブレイド、ドラゴンスープレックス

入場テーマ:LOVE & ENERGY BLOG

ブログ:棚橋弘至のHIGH-FLY

主なタイトル・優勝歴:IWGPヘビー級王座、IWGPインターコンチネンタル王座、IWGPヘビー級タッグ王座、NEVER無差別級6人タッグ王座、G1 CLIMAX 17、G1 CLIMAX 25、G1 CLIMAX 28優勝、NEW JAPAN CUP 2007優勝、NEW JAPAN CUP 2009優勝、IWGP・U-30無差別級王座、GHCタッグ王座

<引用元:新日本プロレス>

ご存知、新日本プロレスのエースで「100年に一人の逸材」のキャッチフレーズで有名な棚橋弘至選手です。

新日本プロレスがここまで人気を盛り返した最大の功労者であり、人気もプロレス界随一といっていいでしょう。

憎めない天然キャラでもありますが、数々の激闘を制してきたハイフライフローは一度は生で見てみたい技です。

ツイッターやインスタではそのお洒落すぎるファッションセンスや家族とのほっこり画像も癒されます。

また、屈指の仮面ライダー好きとしても有名で、現在のコスチュームは仮面ライダーゼロワンをイメージして作製されたといわれています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#浜松町 の #文化放送 さんへ。このあと11時頃からラジオ「 #くにまるジャパン極 」に出演します。 ※朝の #滑舌 は要注意 #ootd

棚橋弘至(@hiroshi_tanahashi)がシェアした投稿 –

飯伏幸太

身長181cm

体重93kg

生年月日1982年5月21日

出身地鹿児島県姶良市

血液型O型

デビュー2004年7月1日

得意技:カミゴェ、シットダウン式ラストライド、フェニックス・スプラッシュ、バミューダ・トライアングル、槍投げ

入場テーマ:ゴールデン・スター

主なタイトル・優勝歴:IWGPインターコンチネンタル王座、IWGPジュニアヘビー級王座、IWGPジュニアヘビー級タッグ王座、NEVER無差別級王座、BEST OF THE SUPER Jr. 18 優勝、NEW JAPAN CUP 2015 優勝、G1 CLIMAX 29優勝

<引用元:新日本プロレス>

 

DDTから新日本プロレスに移籍した「ゴールデン・スター」。

元々はジュニアヘビー級の選手でしたが体重を増やし、打撃の重みも増していますがジュニア時代から全くキレが落ちていない空中技も必見です。

AEWのケニー・オメガ選手とはDDT時代からゴールデンラヴァーズという名タッグを組んでいました。

時に、プッツンと切れると冷酷な攻撃に転じる姿も見られます。

その出来上がりすぎた肉体美だけでも一見の価値はある選手です。

最近の必殺技である「カミゴェ」は神超えの意味で飯伏幸太選手にとっての神とは棚橋選手のようです。

2020年はインフルエンザに罹患し、マロリーワイス症候群に魘され一時欠場していた飯伏幸太選手ですが、神である棚橋弘至選手とのタッグ王座奪取は何にも変えがたい喜びでしょう。

 

小島聡

身長183cm

体重108kg

生年月日1970年9月14日

出身地東京都江東区

血液型A型

デビュー1991年7月16日

得意技:ラリアット、ダイビングエルボードロップ、コジコジカッター、CCD

入場テー:RUSH!!

BLOG:COZYLOG

 

主なタイトル・優勝歴:IWGPヘビー級王座、IWGPヘビー級タッグ王座、NEVER無差別級6人タッグ王座、G1 CLIMAX20優勝、G1 TAG LEAGUE3優勝、G1 TAG LEAGUE7優勝

<引用元:新日本プロレス>

 

第三世代の一人で、1990年代後半から2000年代にかけて新日本プロレスではTEAM2000の一員として、天山選手と名タッグ「テンコジ」でタッグ戦線を欲しいままにしてきました。

全日本プロレスに移籍後は三冠ヘビー級王座を奪取し、全日本の三冠ヘビー級王座と新日本のIWGPヘビー級王座を同時に手にした唯一のプロレスラーです。

また、全日本時代にあのスタン・ハンセンからラリアットを継承したと言われており、その太い腕から繰り出されるラリアットの破壊力はプロレス界の中でもトップクラス。

「剛腕」のキャッチフレーズもぴったりです。

プライベートはとても優しく、プロレス界一のいい人とも言われており、パン好きはファンの間ではあまりにも有名で、自分でもパン作りをしているようです。

なかなかベルト戦線からは遠ざかってはいますが、第三世代の中では一番IWGPヘビー級王座に近い選手とのファンの声も絶えません。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ランチはパン。 何もつけずに食べるフランスパン(バゲット🥖)が大好きです。 #バゲット

小島 聡(@cozy_lariat)がシェアした投稿 –

柴田勝頼

身長183cm

体重95kg

生年月日1979年11月17日

出身地三重県桑名市

血液型A型

デビュー1999年10月10日

得意技:P.K、武者返し、G2PK、コブラツイスト、スリーパー

入場テーマ:Takeover

主なタイトル・優勝歴:NEVER無差別級王座、IWGPヘビー級タッグ王座、NEW JAPAN CUP 2017優勝、WORLD TAG LEAGUE 2014優勝、ブリティッシュヘビー級王座

<引用元:新日本プロレス>

 

棚橋、中邑(現WWE)とともに新・闘魂三銃士と呼ばれた若手時代から喧嘩プロレスと称されるファイトスタイルで人気を博しました。

一時期総合格闘技の世界に飛び込みましたが、新日本プロレスに戻ってきてからはその鋭いキックやエルボー、サブミッションからついたキャッチフレーズは「ザ・レスラー」。

棚橋弘至選手との和解の握手は平成プロレスの中でも屈指の感動の場面とされています。

オカダ・カズチカ選手との試合でケガをししばらく欠場しましたが、その後ケガからは復帰しましたが試合には出場しておらず、LA道場のコーチを努めています。

また、リングに帰ってきてくれることをファンは待ち望んでいます。

※柴田選手は公式SNSはありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Twitterにあげた写真のピントが甘かったのでコチラにも。 #新闘魂三銃士 #柴田勝頼 #shinsukenakamura #初写真

棚橋弘至(@hiroshi_tanahashi)がシェアした投稿 –

 

ジュース・ロビンソン

身長191cm

体重100kg

生年月日1989年4月10日

出身地アメリカ・イリノイ州

デビュー2008年

得意技:パルプフリクション、キャノンボール、顔面パンチ、バックスピンキック

入場テーマ:MOON CHILD

主なタイトル・優勝歴:IWGP USヘビー級王座、IWGPヘビー級タッグ王座、WORLD TAG LEAGUE 2019優勝

<引用元:新日本プロレス>

その愛くるしい童顔フェイスとは裏腹の力強いファイトが持ち味の選手です。

外国人選手ながら新日本プロレスに入団し、徐々に頭角を表してきた選手で、共に切磋琢磨したデビッド・フィンレーとのタッグは「フィンジュース」と呼ばれています。

試合後に叫ぶ片言の日本語や、試合で勝利した後の笑顔は、みんながハッピーな気持ちになります。

 

天山広吉

身長183cm

体重115kg

生年月日1971年3月23日

出身地京都府京都市

血液型O型

デビュー1991年1月11日

得意技:アナコンダバイス、モンゴリアンチョップ、アナコンダマックス、TTD、ダイビングヘッドバット

入場テーマテンザン 〜時空〜

主なタイトル・優勝歴:IWGPヘビー級王座、IWGPヘビー級タッグ王座、G1 CLIMAX13優勝、G1 CLIMAX14優勝、G1 CLIMAX16優勝、G1 TAG LEAGUE3優勝、G1 TAG LEAGUE4優勝、G1 TAG LEAGUE7優勝、CWA世界Jr.ヘビー級王座

<引用元:新日本プロレス>

 

新日本第三世代の一人で、シングル王座やタッグ王座、優勝歴などありとあらゆるタイトルを総ナメにしてきた猛者中の猛者です。

首をケガして以降はなかなか全盛期のようなファイトは厳しそうに見えますが、モンゴリアンチョップの威力はどんな相手の動きも止めてしまいます。入場シーンや入場テーマ、そのオーラは新日本の中でも抜きん出ています。

90年代は蝶野正洋選手とnWoブームを作り、長い期間反体制ユニットに属していましたが、ここ10年くらいは新日本本隊選手として戦っています。

SNSでは小島聡選手との仲良さそうな画像も時々見られます。

 

中西学(引退)

身長186cm

体重120kg

生年月日1967年1月22日

出身地京都府京都市

血液型A型

デビュー1992年10月13日

得意技:アルゼンチンバックブリーカー、野人ハンマー、大☆中西ジャーマン、ヘラクレスカッター

入場テーマSeize The Tactticz

主なタイトル・優勝歴:IWGPヘビー級王座、IWGPヘビー級タッグ王座、NEVER無差別級6人タッグ王座、G1 CLIMAX9優勝、NWAインターコンチネンタルタッグ王座、NEVER無差別級6人タッグ王座

<引用元:新日本プロレス>

 

新日本プロレスの「野人」といえば、この方です。

2020年2月惜しまれながらも現役引退をしましたが、第三世代として、その規格外のパワーは配信動画「中西ランド」でも多くのファンを楽しませてきました。

2011年に首を負傷してからは思うようなファイトができず本人も苦渋の決断だったと思いますが、引退試合は感動に包まれた試合となりました。

また、遠征先のホテルで信じられない量のバイキングを楽しむ姿から「モンスターバイキング」と呼ばれています。

現役引退後はプロレスに何らかの形で関わりながらも、家業のお茶を手伝うといわれています。

 

デビッド・フィンレー

身長182cm

体重95kg

生年月日1993年5月16日

出身地ドイツ・ハノーバー

デビュー2012年12月22日

得意技:アシッドドロップ、Prima Nocta、(アイリッシュカース)バックブリーカー、ヨーロピアンアッパーカット、グランビーロール

入場テーマSAMURAI ROCK

主なタイトル・優勝歴:NEVER無差別級6人タッグ王座、IWGPヘビー級タッグ王座、WORLD TAG LEAGUE 2019優勝

<引用元:新日本プロレス>

 

ジュース・ロビンソンと共にワールドタッグリーグ2019を制し、IWGPタッグ王座を獲得した青い目の新日本レスラーです。

2019年は肩の負傷で半年以上治療とリハビリに時間を費やしましたが、復帰後は上記タイトルを獲得し今後が期待されます。

父親は、かの名レスラー、デーブ・フィンレー選手で美人の奥様も話題です。

トーア・ヘナーレ

身長180cm

体重105kg

生年月日1992年8月5日

出身地ニュージーランド・オークランド

デビュー2012年9月1日

得意技:TOA Bottom、ランペイジ(ラグビータックル)、サモアンドロップ(バックフリップ)、ダイビングショルダータックル、ジャンピングショルダー

<引用元:新日本プロレス>

2016年に新日本プロレスに入門したニュージーランド出身の選手です。

マオリの闘将というキャッチフレーズの如く、気迫のあるファイトが特徴です。

気合いのあらわれを舌を出した表情で誇示したり、入場時のコールではラグビーで一躍有名となったハカを見せてくれます。

2019年は棚橋弘至選手のタッグパートナーとしてワールドタッグリーグに出場しその飛躍が期待されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SEMPER PARATUS. #Henare #KiwiStrongStyle #Warrior #MuayThai #Fight #fuckcoronavirus🍻 #Thailand #NJPW #njpwworld

Henare ヘナーレ🤙🏾(@henarenz)がシェアした投稿 –

 

獣神サンダー・ライガー(引退)

身長170cm

体重95kg

生年月日1989年4月24日

出身地永井豪宅

血液型AB型

デビュー1989年4月24日

得意技:垂直落下式ブレーンバスター、ライガーボム、ロメロ・スペシャル、掌底、空中胴締め落とし

入場テーマ怒りの獣神

主なタイトル・優勝歴:IWGPジュニアヘビー級王座、IWGPジュニアヘビー級タッグ王座、BEST OF SUPER Jr.1優勝、BEST OF SUPER Jr.8優勝、ジュニア8冠王座、GHC Jr.ヘビー級王座、オープン・ザ・ドリームゲート王座、WCW世界ライトヘビー級王座、英連邦 Jr.ヘビー級王座、大阪プロレスタッグ王座、CMLL世界ミドル級王座

<引用元:新日本プロレス>

 

プロレスファンならずともその名前と姿を知っている、あまりにも有名な怒りの獣神こと、獣神サンダー・ライガーさん。

東京ドーム大会でその31年のレスラー人生に幕を下ろしましたが、引退後も野毛道場に寝泊りし、試合の解説者としてもファンの前には姿を現しています。

そのひょうきんな性格は選手らにとっては迷惑(?)なようですが、ファンは見ていて飽きませんね。

現在はユーチューバーとしても活動を始めており、プロレスの裏側をライガーさんの視点から見せてくれています。

また、WWEの殿堂入りを果たしたニュースも話題となりました。

 

タイガーマスク

身長173cm

体重85kg

生年月日10月20日

出身地非公開

血液型A型

デビュー1995年7月15日

得意技:タイガースープレックス、タイガードライバー、リバースダブルアームバー、雪崩式ダブルアームスープレックス

入場テーマおまえは虎になれ

主なタイトル・優勝歴:IWGPジュニアヘビー級王座、IWGPジュニアヘビー級タッグ王座、BEST OF SUPER Jr.11優勝、BEST OF SUPER Jr.12優勝、UWA世界ミドル級王座、英連邦Jr.ヘビー級王座、NWA世界Jr.ヘビー級王座

<引用元:新日本プロレス>

 

4代目となるタイガーマスクは、初代タイガーである佐山聡さんの愛弟子です。

みちのくプロレスでデビューしましたが、ライガーさんのスカウトにより新日本プロレスに移籍し、数々のタイトルを獲得してきました。

ライガーさんの近年のタッグパートナーでもありました。

ヤングライオンの厚い壁でもあり、試合後に檄をとばす様子もしばしば、ライガーさんの後任としてその責任を背負っています。

 

田口隆祐

身長180cm

体重91kg

生年月日1979年4月15日

出身地宮城県岩沼市

血液型O型

デビュー2002年11月22日

得意技:オーマイ&ガーアンクル、どどん、どどんスズスロウン、鹿殺し、ヒップアタック

入場テーマMASTER OF DROPKICK

主なタイトル・優勝歴:IWGPジュニアヘビー級王座、IWGPジュニアヘビー級タッグ王座、BEST OF SUPER Jr.19優勝、NEVER無差別級6人タッグ王座

<引用元:新日本プロレス>

いまや新日本プロレスには欠かせない存在の田口監督こと田口隆祐選手。

いまでこそ、そのコミカルなファイトでファンを和ませてくれますが、低迷期の新日本ではプリンス・デヴィッド(現WWEフィン・ベイラー)選手とのタッグチーム「アポロ55」では何度となくIWGPジュニア王座のベルトを巻きました。

タグチジャパンのくくりはなかなか難しいですがwww、その名采配ぶりや、得意のヒップアタックは会場では必ず目に焼き付けたいシーンの一つです。

最近はドラゴンリングインや、タイチ選手へのマチャアキ(パンタロン剥がし)で会場を沸かせています。

 

上村優也

身長180cm

体重82kg

生年月日1994 年11 月18 日

出身地愛媛県今治市

<引用元:新日本プロレス>

 

新日本プロレス野毛道場のヤングライオンです。

永田裕志選手の付き人をしていますが、学生時代はグレコローマンスタイルで優勝したり、最優秀選手賞を獲得するなど下地は申し分ありません。

2020年のファンタスティカマニアでは高橋ヒロム選手に噛みつき、そして翌シリーズには鈴木みのる選手に噛み付くなど、今もっとも目が離せない選手の一人です。

棚橋弘至選手は「若い頃の俺に似てる」と言っており、またバレットクラブの石森太二選手はアイスクリームを送ってくるなど愛されキャラでもあるようです。

 

辻陽太

身長182cm

体重91kg

生年月日1993 年9 月8 日

出身地神奈川県横浜市

<引用元:新日本プロレス>

新日本プロレス野毛道場のヤングライオンで棚橋弘至選手の付き人を務めています。

学生時代、棚橋弘至選手に声を掛けられ、その後入門しており今後棚橋弘至選手とのタッグや、対決など見てみたい選手です。

俳優顔と言われるその濃い顔立ちとロングヘアーでワイルドさが増していますが、将来間違いなく大型選手になると思われます。

 

海野翔太(※海外遠征中)

身長183cm

体重93kg

生年月日1997年4月17日

出身地東京都世田谷区

血液型AB型

デビュー2017年4月13日

<引用元:新日本プロレス>

 

海外武者修行中のヤングライオンで、レッドシューズ海野選手の実の息子でもあります。

野毛道場時代から将来のエース候補と言われていましたが、海外遠征中にそのルックスにも磨きがかかっています。

ジョン・モクスリー選手をマイマスターと呼ぶ仲で、プロレスについてもいろいろ学んでいそうです。

上記ツイートの通り、プライベートではももクロファンのようです。

 

岡倫之(※海外遠征中)

身長185cm

体重115kg

生年月日1991年6月12日

出身地群馬県前橋市

血液型O型

デビュー2017年1月3日

BLOG岡倫之が歩む『オカロード』

<引用元:新日本プロレス>

グレート・オー・カーンのリングネームで海外武者修行中です。

近い将来最初に凱旋帰国するのはオー・カーンでは無いかと噂されています。

その風貌とは裏腹に、美少女アニメなどオタクキャラとしても知られており、オカダ選手が人気声優の三森すずこさんと結婚した際には新日本プロレスの中で最もショックを受けたのでは無いかと言われています。

現在、自身のことを「余」と呼び、独特の世界観を放っています。

かつては棚橋弘至選手の付き人を務めていましたので、師弟対決が待ち遠しい選手です。

 

川人拓来(※海外遠征中)

身長176cm

体重80kg

生年月日1997年3月13日

出身地大阪府池田市

デビュー2016年1月3日

<引用元:新日本プロレス>

新日本プロレスの元気印と言わんばかりの玉砕ファイトの印象が強かった選手です。

メキシコに武者修行中で、ファンタスティカマニアで来日したドゥルセ・ガルデニア選手と髪切りマッチで敗れています。

岡選手同様、凱旋帰国が近いのではと言われています。

メキシコでの武者修行した選手としては、オカダ選手や内藤選手もそうでしたのでの将来のスーパースターになるかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

服部さんありがとうございました! #cmll #arenamexico #njpw

川人拓来 Kawato hirai(@kawatohirai)がシェアした投稿 –

青義軍

永田裕志

身長183cm

体重108kg

生年月日1968年4月24日

出身地千葉県東金市

血液型AB型

デビュー1992年9月14日

得意技:バックドロップホールド、ナガタロックⅡ、腕固め、エクスプロイダー

入場テーマMISSION BLOW

<引用元:新日本プロレス>

現在は活動停止中の青義軍のボスで、第三世代で最も長く多くIWGPヘビー級王座を保持していた選手です。

青義軍とはいえ、本隊と敵対していたわけではないのですが、最も長くタッグを組んでいた中西学さんが引退し、あらたなタッグパートナーを見つけ再びIWGP獲りに動いて欲しいです。

息子さんもレスリングをしており、しばしばレスリング大会を観戦に行った様子を投稿しています。

ドームをも沸かせるアームバーからの白目は、一度見ればご利益があるという都市伝説すらあるので、ますますの活躍を期待したいですね。

 

G・B・H

本間朋晃

身長181cm

体重98kg

生年月日1976年11月18日

出身地山形県東根市

血液型A型

デビュー1997年5月18日

得意技:こけし、小こけし、こけしロケット、こけし落とし、シャリマティー

入場テーマKoKeShi

主なタイトル・優勝歴:IWGPヘビー級タッグ王座、WORLD TAG LEAGUE 2015、2016優勝、WEWタッグ王座、BJW認定デスマッチヘビー級王座、BJW認定タッグ王座

<引用元:新日本プロレス>

 

元々、大日本プロレスでデスマッチファイターとして活躍していた選手で、全日本プロレスを経て新日本プロレスへ入団しました。

「こけし is  HAPPY」の通り、本間選手の代名詞のこけしは避けられる確率が高いですが決まるのを見れたら会場全体が歓声に包まれます。

ただ、勝利後のマイクパフォーマンスはあまりのガラガラ声で聞き取れませんが(笑)、それも字幕のない生観戦の醍醐味と言えるでしょう。

※本間朋晃選手は公式SNSはありません。

 

真壁刀義

身長181cm

体重110kg

生年月日1972年9月29日

出身地神奈川県相模原市

血液型B型

デビュー1997年2月15日

得意技:キングコングニードロップ、ラリアット、ノーザンライトスープレックス、スパイダージャーマン

入場テーマImmigrant Song

BLOGスイーツ真壁の甘ったれんじゃねぇ!

主なタイトル・優勝歴:IWGPヘビー級王座、NEVER無差別級王座、IWGPヘビー級タッグ王座、NEVER無差別級6人タッグ王座、G1 CLIMAX19優勝、WORLD TAG LEAGUE 2015、2016優勝、WEWヘビー級王座、英連邦インターコンチネンタルヘビー級王座

<引用元:新日本プロレス>

 

棚橋選手に負けず劣らずの有名レスラー、スイーツ真壁こと真壁刀義選手。

あまりのテレビのイメージが先行されがちですが、試合は暴走キングコングのキャッチフレーズの通り、パワフルな試合展開です。

最近はメディア出演が多いせいか、なかなかベルトから遠ざかっていますが、プロレスのイメージを良くし、距離を縮めてくれた貢献度は大きいでしょう。

G・B・Hはもともとヒールユニットでしたが、G1クライマックス優勝時のファンへ向けての「サンキュな」でファンの心を鷲掴みし、それ以降ほぼ本隊選手として認知されています。

LA道場

アレックス・コグリン

身長183㎝

体重93kg

生年月日1993年12月3日

出身地アメリカ・ニューヨーク州

<引用元:新日本プロレス>

LA道場のヤングライオンです。

そのイケメンぶりはハリウッドスターのようで、今から将来のスター性が溢れている選手です。

柴田選手曰く「空気を読まない」らしく、東京ドーム大会でも真壁刀義選手の見せ場に突っ込んでいきカットする様子もありました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Not a Mormon anymore #seattle #icansleep

Alex Coughlin(@somethingsomethingdeadlift)がシェアした投稿 –

カール・フレドリックス

身長185cm

体重100㎏

生年月日1990年7月15日

出身地アメリカ・ネバタ州

<引用元:新日本プロレス>

 

LA道場のヤングライオンですが、その出来上がりすぎた肉体と風貌はWWEのトップ選手のようです。

2019年のヤングライオン杯では初の外国人選手の優勝を果たし、後藤洋央紀選手のタッグパートナーとしてワールドタッグリーグにも出場しています。

LA道場生の中では唯一派手なタトゥーがありますので、見分けがつきやすい選手です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hey @megatjp am I doing it right? #prettybitchposing

Karl Fredericks(@karlfredericksnjpw)がシェアした投稿 –

クラーク・コナーズ

身長173cm

体重84kg

生年月日1993年10月6日

出身地アメリカ・ワシントン州

デビュー2018年9月30日

<引用元:新日本プロレス>

クラーク・コナーズ選手はその無精ヒゲが色気漂う選手です。

LA道場のリーダーと言われており、そのハードヒットぶりはヤングライオンの枠に留めておくのはもったいないくらいです。

 

※クラーク・コナーズ選手は公式SNSがありません。

ゲイブリエル・キッド

身長183cm

体重90kg

生年月日1997年4月24日

出身地イングランド・ノッティンガム

<引用元:新日本プロレス>

2013年にすでにプロデビューは果たしていますが、インディー団体を渡り歩いており、2019年にLA道場入門をします。

LA道場の中では最も新人ということになります。

棚橋選手曰く、笑い方が面白いそうです。

新日本ではプロデビューしていたとはいえ、玉砕する試合の連続でいかに新日本のレベルが高いかが伺えます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

📸 – @wrestleography

Gabriel Kidd(@gabrielkidd_)がシェアした投稿 –

成田蓮

身長182cm

体重83kg

生年月日1997年11月29日

出身地青森県青森市

血液型B型

デビュー2017年7月4日

<引用元:新日本プロレス>

新日本プロレスヤングライオンの中で将来のスターとして最も太鼓判を押されている選手です。

自ら志願して柴田選手のLA道場入りをしたヤングライオンです。

LA修行中に身長が181→185cmになったと言われており、心身ともに成長中です。

小島選手も成田蓮選手のチョップについて、その威力に驚いたことを話しています。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

お気に入りの選手は見つかりましたか?

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

※サムネイル画像はフォロワーの方が撮影した画像を許可を頂いて使用しています。

新日本プロレス新日本本隊

Posted by ひも