新日本プロレス

【新日本】KENTAが気になるヨシハシの棒の名前や意外な由来や意味と対応の変化(#njpw)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレス・バレットクラブのKENTA選手とYOSHI-HASHIヨシハシ)選手の第2ラウンドが始まりました。

 

KENTA選手が仕切りに気にしているヨシハシ選手の(如意棒)は、一体何なのか、その名前や意外すぎる由来意味を見ていきます。

この記事を読めば、KENTA選手とヨシハシ選手の棒をめぐる抗争がより楽しめますよ。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




KENTAとYOSHI-HASHI(ヨシハシ)の第2ラウンドが開始する

新日本プロレス「THE NEW BEGINNING」大阪大会で内藤哲也選手に敗れたKENTA選手。

 

大会後はまもなくして新型コロナウイルス感染症問題で相次いで大会中止となったことから、内藤哲也選手含め所属選手のほとんどが、この期間に自身のトレーニングや体のメンテナンス、配信によるファンサービスなどに時間を利用している状況が続いています。

 

そんな中、ツイッターを駆使して、アンチファンの注目を一身に浴びていたKENTA選手が、徐々に動き出しています。

 

当初はNEW JAPAN CUP 2020(ニュージャパンカップ)が開催されている時期ですので、自身の対戦相手に対してツイッター攻撃が予想されましたが、大会自体が開催中止となり、KENTA選手の次なるターゲットがわからない状況でした。

 

KENTA選手が次の標的に選んだのは、CHAOSのYOSHI-HASHIヨシハシ)選手です。(標的というより、暇つぶし的な感覚もうけてしまう)。

KENTA選手とヨシハシ選手といえば2019年の下半期にもKENTA選手からの口撃がありました。

 

今回、特にテーマのない口撃のように見えますが第2ラウンドはヨシハシ選手が入場時に持っているあの「」の話題が中心になっています。

 

棚橋弘至・飯伏幸太のLINE着せかえダウンロードが急上昇の理由は?料金はLINEコインも可(#njpw)

 

ヨシハシが持つあの棒の名前や意外な由来と意味

KENTA選手はヨシハシ選手の棒のファン(?)というキャラ設定でツイートを重ねています。

 

 

まるで、ヨシハシ選手がバーター的な扱いをされています。

そしてKENTA選手が気になっているのはあの「棒」

 

 

たしかにあの棒は何なのかと問われると、ファンでも「さあ?」と言ってしまいそうです。

あの棒についてヨシハシ選手は以前のインタビューで次のように答えています。

 

-棒を持ったのは12年からですよね。きっかけは
当時、中国っぽい感じのコスチュームを着ていて、中邑(真輔)さんに「如意棒とか合うから持ったら?」と言われて。
-デザインは誰が
デザインも作るのも自分でやってます。最初、どんな素材を使えばいいか分からなくて東急ハンズの中をいろいろ見てたんです。そしたら、園芸コーナーにこのアルミ(?)のパイプがあって、さらにその周りを見てたら、先っぽにぴったりの丸い木の素材があったんですよ。たぶんカーテンレールに使うやつです。合わせたら、ぴったりで。パイプは売ってるのは2メートルぐらいで、店で切ってくれるんですよ。
-どこで製作しているんですか
自宅の外、はらっぱとかで天気のいい日にやってます。塗装もスプレーで3度塗りぐらい、銀がみえなくなるまで。棒と先の丸いのを接着剤で付けるのも、最初は汚かったんですけど、分かりづらくなるよう改良して今に至っています。今使っているので、5、6本目ですね。作り方教えていいのかって? 作ったら、いいんじゃないですか。
-何色かありますよね
気分ですね。黒と赤とモスグリーン。いまは黒。

「如意棒」を手にポーズを決めるYOSHI-HASHI

-今後試合で使う予定は
あるかもしれないですね。最初のほうは試合でも使ってたんですけど、BULLET CLUB(バレットクラブ※新日本のヒールユニット)ができてから逆にこの棒を取られて殴られることが多くて。金属なんで、めちゃくちゃ痛いんですよ。それでだんだん使わなくなって、いまは入場の時だけです。もともとは目印になればという思いがありました。初めて試合を見に来た人は、選手のことを知らないじゃないですか。相撲で変わったまわしをつけた力士を覚えるように、ぱっと見、棒を持ってる選手と。撮影会の時は、よくファンの方に持たせて写真を撮っていますが、喜んでくれる人もけっこういますね。
-何と呼んでますか
棒です。名前はつけてないですね。如意棒ではありますが、おれは棒って呼んでます。正式名称は、どうなんですかね。

<引用元:日刊スポーツ>

 

 

あの棒の名前は「如意棒」(にょいぼう)ですが、ヨシハシ選手自身もKENTA選手と同じく「」と呼んでいます。そして何よりもデザインだけでなく、完全自作DIYだったことは驚きですが、相手に取られて殴られるというのは何ともかわいそうですね。

 

そして、WWEスーパースターの中邑真輔選手の発案で持ち始めたということは一番の驚きです。

例えばハンセンのブルロープやシンのサーベルのように振り回して凶器にするなどの意味があるわけではなくリングコスチュームも西遊記の孫悟空のようだったから合わせた、というのは言われてみればわかりますが、中邑真輔選手がきっかけだったのは意外ですね。

 

 

【新日本】KENTAと柴田勝頼の現在の関係とKENTAの本当の願いはリング上の再会?#njpw

 

ヨシハシがKENTAへの対応が変化している?

そして、去年のKENTA選手とのやり取りでは、KENTA選手の辛辣な口撃がありました。

 

「俺、天然って大嫌いなの。アイツとか、YOSHI-HASHIとか、柴田の勝頼もそうかな?天然大っ嫌いだから。普通に、真剣に話してるのに面白いもんね。あれ、ズルいよね。YOSHI-HASHIなんかもう、コメントとか聞けば聞くほど全然わかんないもんね。意味が。あれはズルいわ。でも、いいんじゃない?これから、アイツなんか『これで終わったと思うなよ』みたいなことを言ってたっぽいけど、いや、それこっちのセリフだから。分かる?分かる?(中略)まあ、何がいいたいかって言うと、YOSHI-HASHIはブスで天然のくせに毎シリーズ前にちゃーんと髪の毛の色整えて結構美意識高いってこと!」

<引用元:バトルニュース>

 

遡ることさらに数ヶ月前、ヨシハシ選手は

 

「もう絶対に……あんなKENTA、あんなガタガタ言って、あいつは俺のことが大好きなんだなって、俺は思いましたよ。俺のことが大好きなんだろ、あいつ? ベルトあろうがなかろうが、いつでもやってやるよ。」

「それからKENTA、あいついろいろ言ってるけどな、オイ、そんなんじゃな、そんな言葉じゃ俺のハートは砕けねえからな。お前、なんだよ、髪型とか、別に触ったっていいだろ? 何が悪いんだ? バカじゃないのか、テメエ? オイ、子供みたいなこと言ってんじゃねえよ、お前。髪の毛触ってって、誰が決めたんだ? ふざけんな、コノヤロー。ちゃんと見とけよ。俺らのコメント……」

 

と、KENTA選手に対しなんとかリアクションを見せていたヨシハシ選手でしたが、今回は上記ツイートで分かる通り、相手にせず流している様子です。

 

あの一言一言でファンの心をガッチリ掴んできた内藤哲也選手ですら、KENTA選手にはたじたじになっていましたので、ヨシハシ選手もあまり過剰反応しないようにしているのか、もしくは試合予定の見通しがつかない最中ですのでいまいち闘志に火がつかないのかもしれません。

 

両者ともにタイトルホルダーではありませんので、特別試合以外に試合が組まれる機会は現時点では少ないですが、ヨシハシ選手の対応(態度)がどう変化していくのか、KENTA選手がどう絡んでいくのかは注目していきたいです。

 

プロレスマニアが嬉しい!屈指のプロレスブログランキングはこちらのタナからですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

人気ブログランキング

まとめ

 

この記事をざっくりまとめると、

 

  • KENTA選手とヨシハシ選手の第2ラウンドが開始した
  • KENTA選手が気になっているあの棒の名前は「如意棒」で中邑真輔選手発案でデザインはヨシハシ選手がしている
  • ヨシハシ選手はKENTA選手の絡みを流すような対応をしている

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

※サムネイル画像はフォロワーの方が撮影した画像を許可を頂いて使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください