レジェンド

【エニタイムフィットネス等々力】小橋建太と小島聡のツイッターで話題!プロレスラーが利用している人気の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小島聡さんが入会していなかったことが話題となっている、鉄人・小橋建太さんがオープンしたエニタイムフィットネス等々力をご存知でしょうか。

 

新日本プロレスの棚橋弘至選手ら数多くのプロレスラーが御用達で利用しているのは何か秘密があるのか不思議ですね。

多くの人気プロレスラーが利用している理由を確認していきます。

この記事をよめば、エニタイムフィットネス等々力の人気とプロレスラーに選ばれている理由がわかります。

 

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




小島聡がエニタイムフィットネス等々力に入会していないことが発覚

この小橋建太さんの全盛期を物語るパネル、ツイッターなどでみたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

有名プロレスラーの選手らが、このパネルの前で撮影している画像をよく目にしますね。

これは、トレーニングジムで有名な「エニタイムフィットネス等々力」です。

 

エニタイムフィットネスは世界に拡大しているトレーニングジムで日本国内にも700以上の店舗を展開しています。

 

そして「エニタイムフィットネス等々力」は鉄人・小橋建太さんが2018年4月30日に、自身の会社である株式会社FortuneKKの新事業としてオープンした店舗です。

 

つまり小橋建太さんはオーナーということになります。

 

新日本プロレスの剛腕・小島聡選手は3月16〜17日のツイッターで棚橋弘至選手とのツーショットを投稿していますが、その理由がなんとも可愛らしい理由でした。

 

 

ポロっと漏らしたエニタイムフィットネス等々力の会員になっていないこと、これが小橋建太さんそして、店舗公式ツイッターにバレて、会員加入を勧められています笑

 

まるで漫画のような小島聡選手の恐縮っぷりがとても面白いですが、後述ますが、小島聡さんは新日本道場中心もしくは、他のジムを利用しているのかもしれませんね。(画像も時々投稿されています)

 

エニタイムフィットネス等々力を利用しているプロレスラーと画像

 

上述の通り、棚橋弘至選手は、このエニタイムフィットネス等々力でよくトレーニングをしており、画像投稿もしています。

棚橋弘至選手といえば、2019年はコンクルソも開催し話題となりました。

 

新日本プロレスコンクルソ参加選手の肉体・筋肉画像!優勝候補はSHO?トロフィーも準備

第二回コンクルソ2020の参加選手や画像は?初参加のサプライズに期待!(#njpw)

 

あのゴリマッチョボディも、このエニタイムフィットネス等々力でのトレーニング効果も間違いなくあるでしょう。

 

小橋建太さんとのトレーニング様子も公開したことがあります。

 

 

他にこのエニタイムフィットネス等々力を利用しているプロレスラーはそうそうたる顔ぶれです。(等々力店でない画像もあります)

 

また、NHKで放送された内藤哲也選手のドキュメントでも深夜にトレーニングに訪れるシーンがありましたが、あれもエニタイムフィットネスではないかと言われています。

 

逆に利用していないプロレスラーも多くいるとは思いますが、上記の小島聡選手以外に武藤敬司選手も会員になっていないことがトークショーでバレています。

 

エニタイムフィットネス等々力がプロレスラーに人気の理由

 

エニタイムフィットネス等々力がプロレスラーに人気の理由(プロレスラー以外の一般の方にも人気)としてオーナーの小橋建太さんは過去のインタビューで、

 

「ここのジムは広いし、24時間営業なので、時間に縛られることなくいつでもできる。本人のやる気さえあれば、15分でも30分でも空いた時間に体を動かすことができる。そうやって少しでも体を動かせば、必ず健康にいい影響があると思います。引退してから講演会をやったり、プロレスエクササイズをやったり、いろんな事業をやってきたなかで、『みんなで健康になろう』というコンセプトを持ちながら、ずっとやりたいと思っていたジムをできるのは嬉しいですね」

<引用元:https://vitup.jp/20180513_sakuma_columnn/>

 

と語っています。

 

ホームページを見ると、いつでも、どこでも、オトクに、好きなだけトレーニングができることがその人気の理由であることがわかります。

 

  • 24時間年中無休
  • 充実のマシンラインナップ(シャワー室完備)
  • ナットクの月会費
  • 世界中のエニタイムが利用可能

<引用抜粋:エニタイムホームページ>

 

棚橋弘至選手は、先日公開されたタナポ(ポッドキャスト)で、ジムと新日本道場の違いについて、”ジムは他の会員さんへの配慮が必要(一人で何台も独占できない)””道場は負荷の大きいトレーニングを(何台も利用)できる”とSHO選手と話していました。

 

まら、引退したライガーさんは現役の選手らに優先的に使用せさて、ライガーさん自身は他の選手が使用しない時間帯に時間をずらして使用している、とYoutubeチャンネルで語っていました。

 

道場には道場の良さがあるとは思いますが、自宅との距離やツアー中のトレーニングなどを考えるとエニタイムフィットネスは一度セキュリティーを作成すれば一元管理できている便利さがあるのでしょうね。

 

 

そして、最大の選ばれる理由は、プロレス界の大先輩。小橋建太さんがオーナーだということは言うまでもありませんね。

 

小島聡さんもこれを機にエニタイムフィットネスの会員になることは間違い無いでしょう。

 

まとめ

↓↓もっと面白いブログが読める!プロレスブログランキングはこちら↓↓ᕦ(ò_óˇ)ᕤ  

プロレスランキング

 

この記事をざっくりまとめると、

 

  • 小島聡選手はエニタイムフィットネス会員に加入することを勧められた
  • エニタイムフィットネスは棚橋弘至選手をはじめ多くのプロレスラーに利用されている
  • ツアーなど忙しいプロレスラーにはメリットが多いことや小橋建太さんがオーナーであることが選ばれる理由

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

※サムネイル画像はフォロワーの方が撮影した画像を許可を頂いて使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください