新日本プロレス

【新日本】上村優也が鈴木みのる奇襲の理由と鈴木軍入りの予感 シングルマッチが見たい(#njroad)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新日本プロレス「NEW JAPAN ROAD (#njroad)」でヤングライオン・上村優也鈴木みのる奇襲攻撃を仕掛けたことが話題となっている。

 

上村優也が奇襲攻撃を仕掛けた理由と鈴木みのるが重なった点、試合中の頼もしい表情の画像鈴木軍入りするのかを確認していく。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




上村優也が鈴木みのるに奇襲攻撃

 

新日本プロレス野毛道場のヤングライオン・上村優也の勇気ある(?)行動にファンが沸いた。

 

2・20後楽園ホール大会「NEW JAPAN ROAD(#njroad)」の第二試合でそれは起きた。

 

第二試合は、CHAOSに上村が加わり、鈴木軍との8人タッグマッチが予定されており、遺恨のあるメンバー同士もいないと思われていた。

 

だが、どうも遺恨(恨み?)を上村が持っていたかもしれないと、思わざるを得ない奇襲攻撃を上村が仕掛けた、しかもプロレス王・鈴木みのるにだ。

 

上村優也が鈴木みのるに突っ掛かった理由は?

 

上村優也が鈴木みのるに入場と同時に突っかかっていった試合の動画がこちらだ。

 

 

続いて入場してくるYOSHI-HASHIやオスプレイらも上村の攻撃は知らされていなかったのではないか、とも見える入場よギャップである。

 

上村が鈴木に突っ掛かった時にはまだ誰もリングインしていない。

 

試合開始と共に、ドロップキックとひたすらエルボーを鈴木みのるに打ち込み、場外では鉄柵に投げ飛ばしている。

 

エル・デスペラードの指摘で上村が鈴木に突っ掛かった理由が繋がった。

 

 

鈴木みのるといえば、リングイン時にロープを開けているヤングライオンを蹴り飛ばしたり、試合中・後関係なく気分次第ではヤングライオンを殴る蹴る、イスを叩きつけるなどまさに、傍若無人なプロレス王だ。

 

標的になるのは上村優也と辻陽太らヤングライオンばかり。

例えばこの様な場面だ。

 

ヤングライオンと鈴木みのるが絡む試合も多くないことから上村のフラストレーションはかなり溜まっていたのだろう。

 

最終的には倍返しで鈴木みのるらにコテンパンにされてしまったが鈴木みのるとのシングルマッチが組まれれば期待しかない。

 

試合後の上村と鈴木みのる 翌日の上村は鈴木に対して「丸腰」(追記)

試合後の上村優也と鈴木みのるのバックステージの様子がこちら。

 

 

とにかく、鈴木みのるの笑顔が怖い。

まるで「いいおもちゃみつけた」と言わんばかりの笑顔をこぼしている。

 

また、翌日の試合では辻と組み、タイガーマスク&ゲイブリエル・キッドと対戦したが、タイガーマスク相手にまたしても気迫あふれる試合を見せた。

 

 

試合後には、前日の鈴木みのるに対して「丸腰」とのコメントを残している。

 

「せっかくタッグパートナーのタイガーさんと試合するチャンスだったのに、こんなにあっさりやられたら、何も言葉が出てこないです。あと、昨日のことを僕は忘れてないんで。プロレス王かなんか知らないですけど、丸腰じゃないですか? 興味があるんだったら、この生意気な若手をぶっ潰してください。よろしくお願いします。ありがとうございました」

<引用元:新日本プロレス>

上村、本気が伝わってくる。

 

鈴木みのると重なる点

 

あまりにもプロレスラーとしての格やキャリアなど違いすぎる上村と鈴木みのる。

 

だが、わずかに通ずる点も感じている。

 

自身にされたことを忘れずやり返すという点では、鈴木みのるとジョン・モクスリーもそうだった。

 

ワールドタッグリーグ最終戦広島大会で、ランス・アーチャーとの対戦表明のためにリングインしたモクスリーはアーチャーだけでなく鈴木にも攻撃した事が発端だった。

 

レッスルキングダムで言い放った「誰にけんか売ってんだ」と凄んだ鈴木だが、自身も意図せぬところでけんかを、売っていたといえそうだ。

 

いずれにしてもこの上村の勇気ある(?)行動はヤングライオンということを考えれば称賛もので、かなり血の気が多いことが分かった。

 

将来がかなり楽しみだ。

試合中の画像とファンの反応「鈴木軍入りしそう」

↓↓もっと面白いブログが読める!プロレスブログランキングはこちら↓↓ᕦ(ò_óˇ)ᕤ  

プロレスランキング

 

試合中の上村の表情は頼もしさにあふれており、ファンからも称賛の声が上がっている。それと同時に将来鈴木軍入りするのではとの見方もされてきている。

 

鈴木みのるがそのガッツに惚れ込み、波長が合えば十分にありそうな気もする。

 

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください