スターダム

【スターダム】ランバージャックデスマッチルールと岩谷麻優への無観客試合の影響は(#STARDOM)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スターダムの3・8後楽園ホール大会が無観客試合で行われることが話題となっている。

 

岩谷麻優VS鹿島沙希のランバージャック戦(デスマッチ )のルールと試合を優位に進める勝敗ポイントを確認していこう。

 

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNS拡散お願いします!更新の励みになります!

 




スターダム3・8後楽園ホール無観客試合

 

日本各地に感染が広がっている新型コロナウイルスの影響で、スターダムと親会社のブシロードは3月中旬までのイベントの中止や延期を決定した。

 

この決断は、イベントはともかくとして、観客を入れて試合を行う団体とプロレスラーにとっては死活問題。

 

一部のメディアはスターダムの無観客試合を斬新として報じているが、無観客試合が選手のファイティングスピリッツにどう影響するのだろうか。

 

 

 

【カイリ・セイン】結婚した一般男性の画像は?ASUKAや紫雷イオから祝福コメント(#WWE)

 

岩谷麻優VS鹿島沙希がランバージャック戦(デスマッチ )に

 

無観客試合のメインイベントは、正月からの因縁続く岩谷麻優と鹿島沙希のシングルマッチに決定した。

 

鹿島沙希の要求が通った形だが、岩谷麻優はもともと興味がなかった。

 

記者会見では「裏切り」→「苛立ち」→「どうでもいい」と、鹿島沙希への感情が変化していったことを話している。

 

裏切られた日は、あの新日本プロレス1・4東京ドーム大会に出場する前日だったことを考えると、裏切りで傷付いていた直後の新日本、100点満点だった。

 

岩谷麻優が対戦を許諾した理由は鹿島沙希の「どんなルールでもいい」との言葉に反応してのこと。

 

かつて愛川ゆず季と行ったランバージャック戦(デスマッチ )。

 

 

今ではデスマッチといえば電流爆破や血まみれになる試合を想像するファンが多いだろうが、ランバージャックデスマッチ はまさにスタミナレースで、チーム力が必要となる。

 

ルールと勝敗のポイント

 

ランバージャックデスマッチは

 

リングの四方を対戦者以外のレスラー(観客などレスラー以外の場合もある)が取り囲み、選手がリングから落ちた際、すぐさまリング内に押し戻す形式。

<引用元:ウィキペディア>

 

凶器などの使用はないものの(大江戸隊はわからんが)、場外へのエスケープや仕切り直しができないため、常に対戦相手のいるリング上で戦い続けなければならない。

 

単純ななシングルマッチの実力ではワールド王者の岩谷麻優が圧倒的に有利だろうが、セコンドが(特に場外に落ちた場合に)介入する可能性が高い。

 

リング下でもセコンド同士がバチバチ火花を散らすことは想像に難くない。

 

リング上の岩谷と鹿島はリング上を優位に試合を進めることと、場外の乱闘に巻き込まれないこと、セコンドらは介入の妨害や自軍が優位になるような頭脳プレーが勝敗の鍵を握ることだろう。

 

無観客の影響は

 

そして今回の最大の特徴は無観客試合であるという点だろう。

 

観客の声援は選手の大きな力となることは明白。

 

自身の試合展開の流れの中に観客へのアピールを織り交ぜることもあるだろう。

 

だが、今回は無観客ということは周囲には選手とスタッフのみ。

 

この状況で思い出されるのはかつて巌流島で試合をしたアントニオ猪木VSマサ斎藤や、馳浩VSタイガー・ジェット・シン。

 

またに自身の闘争本能だけで気力の続く限り試合を続けた彼ら。

 

環境的にはそこまでの過酷さはないかもしれないが、魅せるプロレスに対するファンのリアクションが見えないことは、我々ファンからすれば、道場でのスパーリングの延長のようにも感じられてしまいそうだ。

 

だが、そこは岩谷も鹿島もプロ。youtubeでの全世界への生配信ということで、配信を見ているファンと共に戦ってくれるのではないだろうか。

 

是非試合も興行も歴史に残るものにしてもらいたい。

 

この記事に共感「いいね!」と思っていただけたらフォロー・SNSで拡散お願いします!更新の励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログが上位席巻しているブログ村はこちらです。を一位に押し上げてください!ワンぽちお願いします

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください